サンクト・ペテルブルク発 〓 ゲルギエフが本拠地マリインスキー劇場に復帰、続いてモスクワで《ニーベルングの指環》

2022/03/12

ロシアのウクライナ侵略をめぐり、動向が注目されていたロシアの指揮者ワレリー・ゲルギエフ(Valery Gergiev)が8日、本拠地サンクト・ペテルブルクのマリインスキー劇場の指揮台に復帰した。2月24日に侵略戦争が始まって以来、指揮台に上がるのはこの日が初めて。

ロシアのプーチン大統領と緊密な関係にあるゲルギエフは、侵略戦争が始まった2月24日から、国外のオーケストラ、音楽祭などから、政権と距離を置くことを明確にするよう求められたが、それに応えず、ミュンヘン・フィルの首席指揮者から解任された他、解任、降板に追い込まれ、国外での活動の場をほぼ失った。

復帰第1弾のコンサートは、ソリストにピアノのデニス・マツーエフを迎えたコンサート。マツーエフも、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の米国ツアーのソリストに起用されながら、プーチン大統領に近いことからゲルギエフと一緒に降板を余儀なくされている。

また、9日には、コンサート形式によるポンキエッリのオペラ《ラ・ジョコンダ》を指揮。ウクライナ侵略については、なお沈黙を守っているが、その身の処し方に対して、ロシアのメディアからは「彼は祖国が危険にさらされている時に市民として当然のことを行った」と英雄視されている。

11日からはマリインスキー劇場のモスクワ公演で首都へ。ワーグナー《ニーベルングの指環》連作4部作を、ザリヤディエ・コンサートホールを使ってセミ・ステージ形式で上演する。11日の後、23日、24日、4月17日というスケジュールで、ステージ・デザインはロシア系アメリカ人のジョルジュ・ツィピンが手掛けている。

一連の公演には、エフゲニー・ニキティン(ヴォータン・グンター)、ユーリ・ヴォロビエフ(ヴォータン)、ロマン・ブルデンコ(アルベリヒ)、ミハイル・ヴェクア(ジークムント、ジークフリート、ローゲ)、エレナ・スティッキナ(ジークリンデ、ブリュンヒルデ)、タチアーナ・パヴロフスカヤ(ブリュンヒルデ)、ミハイル・ペトレンコ(ハーゲン、フンディング、ファフナー)といった歌手たちが出演する。

写真:Mariinsky Theater


関連記事

  1. ハノーファー発 〓 第11回「ヨーゼフ・ヨアヒム国際ヴァイオリン・コンクール」は米国のマリア・ユデニッチが優勝

  2. ロンドン発 〓 ロンドン・フィルが首席客演指揮者のカリーナ・カネラキスとの契約を延長

  3. ベルリン発 〓 ベルリン・フィル恒例の「ヨーロッパ・コンサート」、今年は本拠地フィルハーモニーのホワイエで

  4. ロンドン発 〓 「最も忙しい指揮者」はまたまたネルソンス、クラシック統計ランキングで

  5. ドレスデン発 〓 ドレスデン音楽祭も開催断念を発表

  6. オスロ発 〓 ノルウェーの「ソニヤ王妃国際声楽コンクール」がロシア、ベラルーシからの参加認めず

  7. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場がネット上でスター歌手40人超えの特別ガラ・コンサート

  8. トロント発 〓 カナダ国立バレエ団が元バレリーナのマリア・セレツカヤを常任指揮者に

  9. サクラメント発 〓 ホログラムで再現されたマリア・カラスがオーケストラと共演

  10. 東京発 〓 東京都交響楽団が首席客演指揮者のアラン・ギルバートとの契約を延長

  11. シュトゥットガルト発 〓 クルレンツィスツィスがコンサートのプログラムを変更、ウクライナとロシアの作曲家の作品を同時に入れる

  12. ミラノ発 〓 スカラ座が5月、ネトレプコのリサイタルを予定

  13. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団が5月のスペイン・ツアーをキャンセル

  14. 訃報 〓 佐藤しのぶ(61)日本のソプラノ歌手

  15. 上海発 〓 アイザック・スターン国際ヴァイオリン・コンクールは来年に延期

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。