サンクト・ペテルブルク発 〓 ゲルギエフが本拠地マリインスキー劇場に復帰、続いてモスクワで《ニーベルングの指環》

2022/03/12

ロシアのウクライナ侵略をめぐり、動向が注目されていたロシアの指揮者ワレリー・ゲルギエフ(Valery Gergiev)が8日、本拠地サンクト・ペテルブルクのマリインスキー劇場の指揮台に復帰した。2月24日に侵略戦争が始まって以来、指揮台に上がるのはこの日が初めて。

ロシアのプーチン大統領と緊密な関係にあるゲルギエフは、侵略戦争が始まった2月24日から、国外のオーケストラ、音楽祭などから、政権と距離を置くことを明確にするよう求められたが、それに応えず、ミュンヘン・フィルの首席指揮者から解任された他、解任、降板に追い込まれ、国外での活動の場をほぼ失った。

復帰第1弾のコンサートは、ソリストにピアノのデニス・マツーエフを迎えたコンサート。マツーエフも、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の米国ツアーのソリストに起用されながら、プーチン大統領に近いことからゲルギエフと一緒に降板を余儀なくされている。

また、9日には、コンサート形式によるポンキエッリのオペラ《ラ・ジョコンダ》を指揮。ウクライナ侵略については、なお沈黙を守っているが、その身の処し方に対して、ロシアのメディアからは「彼は祖国が危険にさらされている時に市民として当然のことを行った」と英雄視されている。

11日からはマリインスキー劇場のモスクワ公演で首都へ。ワーグナー《ニーベルングの指環》連作4部作を、ザリヤディエ・コンサートホールを使ってセミ・ステージ形式で上演する。11日の後、23日、24日、4月17日というスケジュールで、ステージ・デザインはロシア系アメリカ人のジョルジュ・ツィピンが手掛けている。

一連の公演には、エフゲニー・ニキティン(ヴォータン・グンター)、ユーリ・ヴォロビエフ(ヴォータン)、ロマン・ブルデンコ(アルベリヒ)、ミハイル・ヴェクア(ジークムント、ジークフリート、ローゲ)、エレナ・スティッキナ(ジークリンデ、ブリュンヒルデ)、タチアーナ・パヴロフスカヤ(ブリュンヒルデ)、ミハイル・ペトレンコ(ハーゲン、フンディング、ファフナー)といった歌手たちが出演する。

写真:Mariinsky Theater


関連記事

  1. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場が“Nightly Met Opera Streams”の終了を発表

  2. ベルリン発 〓 第2回「オーパス・クラシック賞」決まる

  3. ジェノヴァ発 〓 第56回「パガニーニ国際ヴァイオリン・コンクール」でイタリアのジュゼッペ・ギボーニが優勝

  4. モスクワ発 〓 ボリショイ劇場の総支配人らモスクワの芸術家がプーチン大統領に「ウクライナでの特殊作戦」停止を求める請願書を提出

  5. ロンドン発 〓 「BBCプロムス」がこの夏の公演ラインナップを発表、「ラストナイト」の指揮はダリア・スタセヴスカ

  6. ヘルシンキ発 〓 シベリウス国際ヴァイオリン・コンクールが開催延期を発表

  7. コペンハーゲン発 〓 デンマークも劇場閉鎖

  8. ハンブルク発 〓 ハンブルグ交響楽団がアルゲリッチ迎えて「6月音楽祭」を創設

  9. パリ発 〓 ニコール・カー、エティエンヌ・デュピュイ夫妻がフリーのアーティストを支援するファンドを設立

  10. ザルツブルク発 〓 聖霊降臨祭音楽祭が開催中止を発表

  11. 東京発 〓 第3弾のラインナップを発表、新国立劇場の「巣ごもりシアター」

  12. ウィーン発 〓 「ヘルムート・ドイチュ国際歌曲コンクール」でテノールの尼子広志が優勝

  13. ベルリン発 〓 コーミッシェ・オーパーが2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  14. フィレンツェ発 〓 メータ夫妻がフィレンツェ歌劇場に100万ドル分の「テスラ社」の株式を寄付

  15. バーミンガム発 〓 バーミンガム市響が無料で5,000席を提供、国民保健サービス関係者向けに

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。