ケルン発 〓 フランソワ=グザヴィエ・ロトがケルン市の音楽総監督を退任、任期1年残して

2024/07/06
【最終更新日】2024/07/17

ドイツのケルン市が5日、市の音楽総監督を務めるフランスの指揮者フランソワ=グザヴィエ・ロト(François-Xavier Roth)の退任を発表した。「双方の合意により」協力関係を解消したとしている。ロトは5月末、複数の女性からセクシャル・ハラスメントで告発されており、任期を1年残しての退任となる。

ケルン市の音楽総監督は、市立歌劇場とそのピットにも入るギュルツェニヒ管弦楽団を統括するポストで、ロトは2015年からその任にある。告発を行った女性の中にはギュルツェニヒ管のメンバーもおり、告発後はすべての活動を自粛していた。

一方、ロトは2025/2026シーズンからシュトゥットガルトを本拠地とする南西ドイツ交響楽団の首席指揮者兼芸術監督に就任することが決まっているが、7月に予定されたコンサートの指揮はオーケストラ側からキャンセルされた。また、自ら創設したオーケストラ「レ・シエクル」の11月の韓国、日本ツアーを中止している。

ケルン市の音楽総監督は2025/2026シーズンから、コロンビアの指揮者アンドレス・オロスコ=エストラーダが就任することが決まっているが、それまで一年は空席のままになるという。

写真:Gürzenich Orchester Köln


関連記事

  1. フランクフルト発 〓 ジョナサン・ノットがユンゲ・ドイチェ・フィルとの契約を延長

  2. ウィーン発 〓 ウィーン・フィルによる恒例のクリスマス・コンサート中止へ

  3. ニューヨーク発 〓 グスターボ・ドゥダメルが2026年からニューヨーク・フィルの音楽監督・芸術監督に

  4. ザルツブルク音楽祭 〓 ハンガリーのガボール・カリ、第9回「ネスレ&ザルツブルク音楽祭青年指揮者コンクール」で優勝

  5. ウィーン発 〓 ソプラノ歌手のリンダ・ワトソンに「宮廷歌手」の称号

  6. ミュンヘン発 〓 ヤンソンス追悼演奏会はメータが指揮

  7. ライプチヒ発 〓 中部ドイツ放送響の首席指揮者にデニス・ラッセル・デイヴィス

  8. パリ発 〓 グスターボ・ドゥダメルがパリ国立オペラの音楽監督に

  9. 訃報 〓 エリオ・ボンコンパーニ(86)イタリアの指揮者

  10. 大阪発 〓 大フィルがクラウドファンディングで“朝比奈隆秘蔵スコア”のレプリカをリリース

  11. ブレゲンツ発 〓 ブレゲンツ音楽祭は開催断念、グラフェネック音楽祭は開催を表明

  12. ベルリン発 〓 ベルリン・シュターツカペレが創立450年

  13. ボン発 〓 ディルク・カフタン指揮のボン・ベートーヴェン管がベートーヴェンの交響曲第10番を世界初演

  14. チューリッヒ発 〓 ヴァイオリニストのダニエル・ホープがチューリッヒ室内管との契約を延長

  15. ウィーン発 〓 来年1月の《ナブッコ》で、ドミンゴが国立歌劇場にお別れ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。