ゲッティンゲン・ヘンデル音楽祭 〓 次期音楽監督にジョージ・ペトロウ

2018/10/17

ドイツのゲッティンゲン・ヘンデル音楽祭は2021年から、芸術監督に指揮者のジョージ・ペトロウ(George Petrou)を招くことを決めた。2012年から音楽祭を率いてきたローレンス・カミングス(Laurence Cummings)の後任。音楽祭は1920年の創設で、現在は5月後半の開催。期間中、ヘンデルのオペラ1作品にいくつかのオラトリオが上演され(2018年は《アルミニオ》)、他にヘンデルおよび同時代の作曲家の室内楽作品が演奏される。1981年から1990年までジョン・エリオット・ガーディナーが芸術監督を務めていた。ペトロウはギリシャ出身で、ヘンデルのスペシャリストとして知られる。

写真:parnassus / akriviadis.gr


    音楽祭情報はこちら ▷


関連記事

  1. パリ発 〓 シャンゼリゼ劇場、2018/2019シーズンのプログラミングを発表

  2. ボローニャ発 〓 ボローニャ歌劇場が2019年の上演ラインナップを発表

  3. ベルリン発 〓 ドイツ・グラモフォンが120周年記念コンサートをライブ配信

  4. ザルツブルク音楽祭 〓 公演DVD発売:ティーレマン&フレミング

  5. ミュンヘン発 〓 バイエルン放送交響楽団に新コンサートマスター

  6. パリ発 〓 デュトワの復帰、波高し

  7. ベルガモ発 〓 ドニゼッティ・オペラ・フェスティバルが公演ラインナップを発表

  8. ロンドン発 〓 エサ=ペッカ・サロネンがフィルハーモニア管を退任、2021年で

  9. ウィーン発 〓 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の首席フルート、シルヴィア・カレッドゥ退団へ

  10. グラーツ発 〓 グラーツ歌劇場が2018/2019シーズンのラインナップを発表

  11. アントワープ発 〓 香港出身のエリム・チャンがアントワープ交響楽団の音楽監督に

  12. ローマ発 〓 アルゲリッチにイタリア共和国功労勲章

  13. ハンブルク発 〓 ハンブルグ交響楽団がアルゲリッチ迎えて「6月音楽祭」を創設

  14. バレンシア発 〓 ビオンディがソフィア王妃芸術宮殿の芸術監督を辞任

  15. 大津発 〓 開館20周年記念公演をあす土曜日にも追加開催、台風直撃でびわ湖ホール

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。