訃報 〓 ネッド・ローレム, 米国の作曲家

2022/11/19

米国で最も多作な作曲家の一人で、ピューリッツァー賞を受賞したネッド・ローレム(Ned Rorem)が11月18日、ニューヨーク・マンハッタンの自宅で亡くなった。99歳だった。姪のメアリー・マーシャルが死亡を確認したが、死因は明らかにされていない。

自ら最高傑作に挙げた1998年の歌曲集《見えないものの証拠》をはじめとする500曲以上の歌曲、3つの交響曲や多くの室内楽を作曲。代表作に1947年の声楽と管弦楽四重奏のための《サミュエル書よりのかなしみの場面》、1965年のオペラ《令嬢ジェリー》があり、管弦楽組曲《エア・ミュージック》で1976年にピューリッツァー賞を受賞した。

インディアナ州のリッチモンド生まれ。シカゴで父親は医療経済学者、母が反戦活動家という家庭に育ち、ノースウェスタン大学を経て、カーティス音楽院でメノッティに、ジュリアード音楽院でトムソンに師事。タングルウッド音楽センターではコープランドにも師事している。

1949年にパリに渡り、その後、モロッコに滞在(1951-1957)。帰国後はバッファロー大学を経て、ユタ大学で客員教授を務めた。門下にはダロン・ヘイゲンやデヴィッド・ホーンらがいる。

作曲家活動の一方、1966年に自らの同性愛について赤裸々に語った『パリ日記』を出版、物議を醸したことでも知られる。日記はその後も12冊以上出版され、刺激的な文化批評、ゲイ社会や芸術家のサークルの機敏を描いて大きな反響を呼んだ。

また、1967年の『ミュージック・フロム・インサイド・アウト』」、1983年の『セッティング・ザ・トーン』、1996年の『アザー・エンターテイメント』など、評論集も数多く出版しており、数多くの著作を通じて、同時代の作曲家に対する辛口の批評でも知られた。2000年から2003年まで米国芸術文学アカデミーの会長も務めた。

写真:Open Road Media




関連記事

  1. ベルリン発 〓 ベルリン交響楽団の次期首席指揮者にハンスイェルク・シェレンベルガー

  2. パリ発 〓 シャンゼリゼ劇場が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  3. 東京発 〓 第3弾のラインナップを発表、新国立劇場の「巣ごもりシアター」

  4. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場が2025年から新制作の「リング・チクルス」を上演

  5. ウィーン発 〓 国立歌劇場で陽性反応、新制作の《パルジファル》の上演を延期

  6. アムステルダム発 〓 コンセルトヘボウ管が26日から活動再開

  7. ヘルシンキ発 〓 ヘルシンキ・フィルの次期首席指揮者にユッカ=ペッカ・サラステ

  8. ウィーン発 〓 オーストリアが22日から再び完全なロックダウン、劇場は閉鎖

  9. ロッテルダム発 〓 ロッテルダム・フィルもゲルギエフとの「関係を終了」と発表

  10. ドレスデン発 〓 マレク・ヤノフスキがコンサート形式による新しい“リング・チクルス”、手兵のドレスデン・フィルと

  11. ローマ発 〓 劇場の閉鎖など、イタリア全土で4月3日まで継続

  12. ロンドン発 〓 英国が興業チケットの付加価値税を20%から5%に引き下げ

  13. ロンドン発 〓 発表、オペラ・アワード2018

  14. 訃報 〓 マリス・ヤンソンス, ラトビアの指揮者

  15. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場がネット上でスター歌手40人超えの特別ガラ・コンサート

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。