グラインドボーン音楽祭 〓 2021年の公演ラインナップを発表

2020/09/01

英国のグラインドボーン音楽祭(Glyndebourne Festival Opera)が2021年の音楽祭の公演ラインナップを発表した。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大で、今年は音楽祭の開催を断念している。

発表によると、来年の音楽祭は5月20日の開幕で、8月29日までの開催。上演されるオペラは新制作3作品、再演3作品の合計6作品。

開幕を飾るのはヤナーチェク《カーチャ・カバノヴァー》で、音楽祭にとって20年ぶりの新制作。演出を手掛けるのはダミアーノ・ミケレットで音楽祭デビューとなる。

新制作には、ヴェルディ《ルイザ・ミラー》もあり、こちらは音楽祭で初の上演。また、リッカルド・ミナージがモーツァルト《コジ・ファン・トゥッテ》を指揮して音楽祭デビューを飾る。

ヤナーチェク《カーチャ・カバノヴァー》= 新制作
演出:ダミアーノ・ミケレット
指揮:ロビン・ティチアーティ
出演:カテジーナ・クニェジコヴァー / デヴィッド・バット・フィリップ / カタリーナ・ダライマン


ヴェルディ《ルイザ・ミラー》= 新制作
演出:クリストフ・ロイ
指揮:エンリケ・マッツォーラ
出演:Kristina Mkhitaryan / チャールズ・カストロノーヴォ


ロッシーニ《イタリアのトルコ人》= 新制作
演出:マリアム・クレモン
指揮:ジャンカルロ・アンドレッタ
出演:エレーナ・ ツァラゴワ / マッティア・オリヴィエーリ / アンドレア・マストローニ


ワーグナー《トリスタンとイゾルデ》
演出:ニコラウス・レーンホフ
指揮:ロビン・ティチアーティ
出演:サイモン・オニール / Miina-Liisa Värelä / カレン・カーギル / ジョン・レリエ


モーツァルト《魔笛》
演出:ルノー・ドゥーセ / アンドレ・バーベ
指揮:コンスタンティン・トリンクス
出演:ソロマン・ハワード / Galina Benevich / ポール・アップルビー / ヨハネス・カムラー


モーツァルト《コジ・ファン・トゥッテ》
演出:ニコラス・ハイトナー
指揮:リッカルド・ミナージ
出演:イーダ・ファルク・ヴィンランド / ステファニー・ラウリチェッラ / Alexey Neklyudov / フー・モンタギュー・レンドール


写真:Glyndebourne Festival Opera


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ロンドン発 〓 アンジェラ・ゲオルギューが《トスカ》でメトロポリタン歌劇場に復帰

  2. リーズ発 〓 リーズ国際ピアノコンクールが予選通過者を発表

  3. ロンドン発 〓 ヴァイオリンのコリーヌ・シャペユがクラウド・ファウンディングによる支援を呼びかけ、自身のがん治療で

  4. エクス=アン=プロヴァンス発 〓 夏の音楽祭が2022年の公演ラインナップを発表

  5. ロンドン発 〓 アントニオ・パッパーノ、ロンドン交響楽団の首席指揮者へ

  6. ロンドン発 〓 ユロフスキがロンドン・フィルと《リング》チクルス

  7. ロンドン発 〓 英国政府がライブ・イベントの再開を急きょ延期

  8. ブレゲンツ音楽祭 〓 2022年の公演ラインナップを発表、湖上ステージの《蝶々夫人》以外に《アルジェのイタリア女》、《アルミーダ》、《シベリア》を上演

  9. ハダースフィールド現代音楽祭 〓 11月の音楽祭の中止を決定

  10. ザルツブルク音楽祭 〓 2021年版の公式トレーラーをUP

  11. 訃報 〓 ステュアート・ベッドフォード, 英国の指揮者

  12. グランドティトン音楽祭 〓 音楽監督を務めるドナルド・ラニクルズとの契約を延長

  13. ロンドン発 〓 ロイヤル・オペラが5月17日、新制作の《皇帝ティートの慈悲》で再開場へ

  14. ロンドン発 〓 クラシック音楽界の5つのレーベルがウクライナ人道支援のための募金活動

  15. ロンドン発 〓 フェリックス・ミルデンベルガーが「ドナテッラ・フリック指揮者コンクール」で優勝

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。