ケルン発 〓 クリスティアン・マチェラルがWDR交響との契約を延長

2020/06/27

ドイツ・ケルンのWDR交響楽団(旧・ケルン放送交響楽団)が首席指揮者のクリスティアン・マチェラル(Cristian Macelaru)との契約を延長した。マチェラルは2019/2020シーズンから首席指揮者を務めており、任期は2025年まで延びる。

WDR響は、ケルン市を本拠とする西部ドイツ放送(WDR)所属のオーケストラ。歴代の首席指揮者には、クリストフ・フォン・ドホナーニ、ズデニェク・マーカル、若杉弘、ガリー・ベルティーニ、ハンス・フォンク、セミヨン・ビシュコフがいる。

マチェラルはルーマニア・ティミショアラ生まれの40歳。米国で音楽教育を受け、ヴァイオリニストとして音楽活動をスタート。マイアミ交響楽団の最年少コンサートマスターとして活動した後、マイアミ大学、ライス大学で学び、タングルウッド音楽祭、アスペン音楽祭で研鑽を積んだ。

2014年からフィラデルフィア管弦楽団の正指揮者を務め、2020/2021シーズンからは、フランス国立管弦楽団(Orchestre national de France)の音楽監督に就任することが決まっている。

写真:macelaru.com / Marcus Schlaf


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ミュンヘン発 〓 2021年の「ゲーテ・メダル」が作曲家の細川俊夫らに

  2. フィレンツェ発 〓 フィレンツェ歌劇場が新制作の《リゴレット》、《コジ・ファン・トゥッテ》をストリーミング配信

  3. 訃報 〓 ディナ・ウゴルスカヤ, ドイツのピアニスト

  4. ゲーラ発 〓 アンテンブルク・ゲーラ市立劇場の音楽総監督にルーベン・ガザリアン

  5. デトロイト発 〓 演出家のユヴァル・シャロンがミシガン・オペラ・シアターの芸術監督に

  6. ウィーン発 〓 国立歌劇場が4月第5週のストリーミング・ラインナップを発表、新制作の《ファウスト》はライブで

  7. アムステルダム発 〓 コンセルトヘボウも5月に予定していた「マーラー・フェスティバル」の中止を発表、コロナ禍で2年連続の中止

  8. ローマ発 〓 ボチェッリが新型コロナウイルス感染を明らかに

  9. ドレスデン音楽祭 〓 総裁のヤン・フォグラーが音楽祭との契約を延長

  10. ローザンヌ発 〓 ヴァイオリニストのルノー・カプソンがローザンヌ室内管の次期芸術監督に

  11. ハノーファー発 〓 州立劇場の次期音楽総監督にステファン・ジリアス

  12. 訃報 〓 エリオ・ボンコンパーニ, イタリアの指揮者

  13. パリ発 〓 指揮者のスペランツァ・スカップッチにフランスの「芸術文化勲章シュヴァリエ」

  14. ボルドー発 〓 ボルドー国立オペラの次期芸術総監督にエマニュエル・オンドレ、マルク・ミンコフスキは退任

  15. モスクワ発 〓 2021年の「オペラリア」はボリショイ劇場で開催

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。