ケルン発 〓 クリスティアン・マチェラルがWDR交響との契約を延長

2020/06/27

ドイツ・ケルンのWDR交響楽団(旧・ケルン放送交響楽団)が首席指揮者のクリスティアン・マチェラル(Cristian Macelaru)との契約を延長した。マチェラルは2019/2020シーズンから首席指揮者を務めており、任期は2025年まで延びる。

WDR響は、ケルン市を本拠とする西部ドイツ放送(WDR)所属のオーケストラ。歴代の首席指揮者には、クリストフ・フォン・ドホナーニ、ズデニェク・マーカル、若杉弘、ガリー・ベルティーニ、ハンス・フォンク、セミヨン・ビシュコフがいる。

マチェラルはルーマニア・ティミショアラ生まれの40歳。米国で音楽教育を受け、ヴァイオリニストとして音楽活動をスタート。マイアミ交響楽団の最年少コンサートマスターとして活動した後、マイアミ大学、ライス大学で学び、タングルウッド音楽祭、アスペン音楽祭で研鑽を積んだ。

2014年からフィラデルフィア管弦楽団の正指揮者を務め、2020/2021シーズンからは、フランス国立管弦楽団(Orchestre national de France)の音楽監督に就任することが決まっている。

写真:macelaru.com / Marcus Schlaf


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ボストン発 〓 ボストン響が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  2. プラハ発 〓 プラハ国立歌劇場がリニューアル・オープン

  3. 訃報 〓 エツィオ・ボッソ, イタリアのピアニスト・作曲家・指揮者

  4. ウィーン発 〓 楽友協会が6月から再開、ウィーン・フィルのコンサートも

  5. ウィーン発 〓 国立歌劇場がアーカイブを毎日ストリーミング配信、公演休止中の4月2日までは無料で

  6. ミュンヘン発 〓 世界最大のビールの祭典「オクトーバーフェスト」も中止

  7. 訃報 〓 アレクサンドル・ヴスティン, ロシアの作曲家

  8. 訃報 〓 周文中, アメリカの作曲家・教育者

  9. シカゴ発 〓 ムーティーがシカゴ響の音楽監督退任を示唆

  10. クリーブランド発 〓 クリーブランド管がセクハラ認定、コンサートマスターと首席トロンボーンを解任

  11. ブザンソン発 〓 国際指揮者コンクールで沖澤のどかが優勝

  12. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルも「デジタル・コンサートホール」を1か月間無料開放

  13. リエージュ発 〓 ワロン王立歌劇場が「Opera at Home」というストリーミング配信をスタート

  14. ボゴタ発 〓 コロンビア大統領が劇場閉鎖などは6月からさらに18か月間必要と発言

  15. ウィーン発 〓 楽友協会がウィーン・フィルのコンサート・スケジュールを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。