バンベルク発 〓 バンベルク響が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表、6月に日本ツアーも

2020/05/02
【最終更新日】2020/05/03

ドイツ・バイエルン州バンベルクを本拠地とするバンベルク交響楽団(Bamberger Symphoniker)が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表した。

新シーズンは1945年の設立の楽団にとって創設75周年という節目の年。シーズンの開幕は8月31日で、2016/2017シーズンから首席指揮者を務めるヤクブ・フルシャ(Jakub Hrůša)に率いられてベルリン音楽祭へ客演する。

「アーティスト・イン・レジデンス」はヴァイオリンのパトリツィア・コパチンスカヤ(Patricia Kopatchinskaja)。

新シーズンは二つの海外ツアーが予定されており、開幕直後の9月に南米ツアーが行われる。22日から28日にかけてサンパウロ、リオデジャネイロ、モンテビデオ、ブエノスアイレスを回る。

二つ目は6月で、20日から30日にかけて日本、台湾を訪問する。1968年の初来日以来、日本ツアーは16回目。今回のツアーでは5回の演奏会が計画されているが、日本ではこれまでに125回の演奏会を行っており、海外で行った約1,200の演奏会の一割以上を占めるという。

客演する指揮者の顔ぶれもバラエティ豊か。ユッカ=ペッカ・サラステ、サントゥ=マティアス・ロウヴァリ、ファンホ・メナ、クリスティアン・マチェラル、マンフレート・ホーネック、ジョヴァンニ・アントニーニ、グスターボ・ヒメノ、バーバラ・ハンニガンといった顔ぶれで、これに名誉指揮者を務めるヘルベルト・ブロムシュテット、クリストフ・エッシェンバッハが加わる。

日本人アーティストの出演も多い。11月にはベートーヴェンの三重協奏曲に五明カレンが登場する他、サントゥ=マティアス・ロウヴァリ指揮のコンサートでピアノのアリス=紗良・オットがグリーグのピアノ協奏曲に取り組む。2月にはフルシャ指揮のコンサートに内田光子が登場。こちらはベートーヴェンの協奏曲第1番を弾く。

楽団の前身は、1940年にナチス・ドイツ支配下のベーメン・メーレン保護領(現在のチェコ領)のドイツ系住民によって創立されたプラハ・ドイツ・フィルハーモニー管弦楽団。戦後、敗戦で居住地を追われたメンバーがバンベルグに集結、活動をスタートさせた。

1949年には、プラハ・ドイツ・フィル時代の首席指揮者だったヨーゼフ・カイルベルトも復帰。その後も名匠オイゲン・ヨッフム、ホルスト・シュタインたちの薫陶を受け、人口が10万人に満たない街のオーケストラながら、バイエルン州立のオーケストラとなり、トップ・リーグの一角を占めている。

写真:Bamberger Symphoniker

もっと詳しく ▷

関連記事

  1. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場が“Nightly Met Opera Streams”の第10週のラインナップ発表

  2. ブエノスアイレス発 〓 南米も公演キャンセル広がる、新型コロナウイルスの感染拡大で

  3. ブラウンシュヴァイク発 〓 州立劇場が《蝶々夫人》のポスター・デザインを変更、旭日旗を連想させるという抗議受け

  4. ラハティ発 〓 ダリア・スタセヴスカがラハティ響の首席指揮者に

  5. トゥールーズ発 〓 トゥガン・ソヒエフがキャピトル国立管との契約を延長

  6. アテネ発 〓 ギリシャ国立オペラもストリーミング配信を開始

  7. 訃報 〓 ニコラ・ジョエル, フランスの演出家・パリ国立オペラ元総裁

  8. サクラメント発 〓 ホログラムで再現されたマリア・カラスがオーケストラと共演

  9. ボストン発 〓 ボストン響が東アジア・ツアーを中止

  10. バーミンガム発 〓 ミルガ・グラジニーテ=ティーラが新型コロナウイルス検査で陽性反応

  11. 訃報 〓 マルチェッロ・ジョルダーニ, イタリアのオペラ歌手

  12. モントルー発 〓 ローザンヌ国際バレエ・コンクールの第1位にイタリアのマルコ・マシャーリ

  13. ブリスベン発 〓 「オペラ・オーストラリア」が新しい“リング”チクルス

  14. ローマ発 〓 カウフマンが新たに《オテロ》を録音

  15. ウィーン発 〓 オーストリア造幣局がザルツブルク音楽祭100周年記念銀貨を発行

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。