東京発 〓 新国立劇場が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

2021/03/03

新国立劇場(New National Theatre Tokyo)が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表した。上演作品は10作品で、うち《チェネレントラ》、《ニュルンベルクのマイスタージンガー》、《オルフェオとエウリディーチェ》、《ペレアスとメリザンド》の4作品が新制作。《ニュルンベルクのマイスタージンガー》は新国立劇場と東京文化会館が展開する「オペラ夏の祭典2019-20 Japan↔Tokyo↔World」の第2弾。ラインナップは以下の通り。

10月1日~13日
ロッシーニ《チェネレントラ》= 新制作
出演:ルネ・バルベラ / 上江隼人 / アレッサンドロ・コルベッリ / 脇園彩 / ガブリエーレ・サゴーナ / 高橋薫子 / 齊藤純子
指揮:マウリツィオ・ベニーニ
演出:粟國淳
オーケストラ:東京フィルハーモニー交響楽団


11月18日~12月1日
ワーグナー《ニュルンベルクのマイスタージンガー》= 新制作
出演:トーマス・ヨハネス・マイヤー / ビャーニ・トール・クリスティンソン / アドリアン・エレート / 青山貴 / トミスラフ・ムツェック / 望月哲也 / 林正子
指揮:大野和士
演出:イェンス=ダニエル・ヘルツォーク
オーケストラ:東京都交響楽団


12月5日~12日
プッチーニ《蝶々夫人》
出演:中村恵理 / ルチアーノ・ガンチ / アンドレア・ボルギーニ / 但馬由香
指揮:下野竜也
演出:栗山民也
オーケストラ:東京フィルハーモニー交響楽団


2022年1月26日~2月6日
ワーグナー《さまよえるオランダ人》
出演:妻屋秀和 / マルティーナ・ヴェルシェンバッハ / ラディスラフ・エルグル / 鈴木准 / エギルス・シリンス
指揮:ジェームズ・コンロン
演出:マティアス・フォン・シュテークマン
オーケストラ:東京交響楽団


2月7日~13日
ドニゼッティ《愛の妙薬》
出演:ジェシカ・アゾーディ / フアン・フランシスコ・ガテル / ブルーノ・タッディア / ロベルト・デ・カンディア
指揮:フランチェスコ・ランツィロッタ
演出:チェーザレ・リエヴィ
オーケストラ:東京交響楽団


3月10日~21日
ヴェルディ《椿姫》
出演:アニタ・ハルティヒ / マッテオ・デソーレ / ゲジム・ミシュケタ
指揮:アンドリー・ユルケヴィチ
演出:ヴァンサン・ブサール
オーケストラ:東京交響楽団


4月3日~12日 
リヒャルト・シュトラウス《薔薇の騎士》
出演:アンネッテ・ダッシュ / クリスティン・ジクムントソン / マリア・カターエワ / 安井陽子 / 内山信吾 / 加納悦子 / 宮里直樹
指揮:サッシャ・ゲッツェル
演出:ジョナサン・ミラー
オーケストラ:東京フィルハーモニー交響楽団


4月16日~24日
モーツァルト《魔笛》
出演:鈴木准 / 町英和 / 砂川涼子 / 三宅理恵
指揮:オレグ・カエターニ
演出:ウィリアム・ケントリッジ
オーケストラ:東京フィルハーモニー交響楽団


5月19日~22日
グルック《オルフェオとエウリディーチェ》= 新制作
出演:ヴァルダ・ウィルソン / ローレンス・ザッゾ
指揮:鈴木優人
演出:勅使川原三郎
オーケストラ:東京フィルハーモニー交響楽団


7月2日~17日
ドビュッシー《ペレアスとメリザンド》= 新制作
出演:ベルナール・リヒター / カレン・ヴルシュ / ロラン・ナウリ / 妻屋秀和 / 浜田理恵
指揮:大野和士
演出:ケイティ・ミッチェル
オーケストラ:東京フィルハーモニー交響楽団


写真:New National Theatre Tokyo


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. アムステルダム発 〓 オランダ国立オペラが新作の《トスカ》と《魔弾の射手》の無料ストリーミングを開始

  2. 宮崎国際音楽祭 〓 2021年は7月末から開催

  3. タンペレ発 〓 サントゥ=マティアス・ロウヴァリが2022/2023でタンペレ・フィルの芸術監督兼首席指揮者を退任

  4. ネイプルズ発 〓 ウィーン・フィルの米国ツアー、二人目の代役指揮者はデイヴィッド・ロバートソン

  5. 東京発 〓 新国立劇場が2022/2023シーズンの新制作、ムソルグスキー《ボリス・ゴドノフ》を無料ストリーミング配信

  6. ロンドン発 〓 ブリン・ターフェルがイングリッシュ・ナショナル・オペラ存続のための嘆願活動

  7. ワルシャワ発 〓 ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団の次期音楽監督にアンドレイ・ボレイコ

  8. ロンドン発 〓 「最も忙しい指揮者」はまたまたネルソンス、クラシック統計ランキングで

  9. モスクワ発 〓 ゲルギエフがボリショイ劇場の総監督に就任

  10. ウィーン発 〓 ウィーン響が鉄道での移動を優先、「カーボン・ニュートラル」の取り組みで

  11. ストックホルム発 〓 2023年の「ポーラー音楽賞」に作曲家のアルヴォ・ペルト

  12. ロンドン発 〓 ヘンデルの旧居が来年5月、リニューアル・オープン

  13. 広島発 〓 広島響の次期音楽監督にクリスティアン・アルミンク

  14. 東京発 〓 新国立劇場が開場25周年となる2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

  15. ベルリン発 〓 ドイツ・オペラが新シーズン、2024/2025シーズンの公演ラインナップを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。