ローザンヌ発 〓 ヴァイオリニストのルノー・カプソンがローザンヌ室内管の次期芸術監督に

2020/05/27

フランスのヴァイオリニストで指揮者のルノー・カプソン(Gautier Capuçon)がスイスのローザンヌ室内管弦楽団(Orchestre de Chambre de Lausanne)の次期芸術監督に就任することになった。任期は2021/2022シーズンから。2014年から芸術監督を務めてきたジョシュア・ワイラースタイン(Joshua Weilerstein)の後任。

カプソンは1976年、フランスのシャンベリ生まれの44歳。パリ国立高等音楽院でジェラール・プーレなどに師事、その後、トマス・ブランディス、アイザック・スターン、シュロモ・ミンツの下で研鑽を積んだ。クラウディオ・アバドの指名を受けて、1998年から2000年までマーラー・ユーゲント・オーケストラのコンサートマスターを務めた。ピエール・ブーレーズの下で指揮を学んだ。

ローザンヌ室内管は1942年、スイスの指揮者ヴィクトル・デザルツェンス(Victor Desarzens)が設立。デザルツェンスは約30年にわたってオーケストラを育て、その後はアルミン・ジョルダン、ローレンス・フォスター、ヘスス・ロペス=コボス、クリスティアン・ツァハリアスたちが首席指揮者を務めている。

ミシェル・コルボが指揮したバッハの宗教曲、ジョルダンとマリア・ジョアン・ピレシュによるモーツァルトのピアノ協奏曲集、ロペス=コボスの指揮によるハイドン交響曲集など、定評のある録音も多い。

写真:Renaud Capuçon / Simon Fowler


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. パリ発 〓 レジス・パスキエの愛器1736年製「グァルネリ・デル・ジェス」が競売に、推定落札価格は5億円超

  2. ベルリン発 〓 コンツェルトハウスで第3回「オーパス・クラシック」の授賞式

  3. ロンドン発 〓 ウィグモア・ホールが全公演をキャンセル、閉鎖は7月末まで

  4. ベルリン発 〓 ベルリン州立歌劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  5. ウィーン発 〓 2020年の「ニューイヤー・コンサート」のプログラム発表

  6. ミュンヘン発 〓 ザクセン州立オペラに続いてバイエルン州立オペラも公演をキャンセル、新型コロナの感染者急増で

  7. フィレンツェ発 〓 フィレンツェ歌劇場の《リゴレット》でレオ・ヌッチが降板、代役にルカ・サルシ

  8. マルセイユ発 〓 市立歌劇場が新制作の《トスカ》をストリーミング配信

  9. 札幌発 〓 指揮者のマティアス・バーメルトが札響との契約を延長

  10. ブダペスト発 〓 イヴァン・フィッシャーが室内コンサートの動画を毎晩投稿と表明

  11. ローマ発 〓 イタリア、再びロックダウンへ

  12. モスクワ発 〓 ヴァイオリニストのアナスタシア・チェボタリョーワが逮捕 !?

  13. ロサンゼルス発 〓 アカデミー賞授賞式の指揮台に初の女性指揮者

  14. ウィーン発 〓 アン・デア・ウィーン劇場が大規模改修工事で閉館、2024年秋にリーニューアル・オープン

  15. テルアビブ発 〓 ズービン・メータに新型コロナの陽性反応、イスラエル・フィルの最終日はキャンセル

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。