ローザンヌ発 〓 ヴァイオリニストのルノー・カプソンがローザンヌ室内管の次期芸術監督に

2020/05/27

フランスのヴァイオリニストで指揮者のルノー・カプソン(Gautier Capuçon)がスイスのローザンヌ室内管弦楽団(Orchestre de Chambre de Lausanne)の次期芸術監督に就任することになった。任期は2021/2022シーズンから。2014年から芸術監督を務めてきたジョシュア・ワイラースタイン(Joshua Weilerstein)の後任。

カプソンは1976年、フランスのシャンベリ生まれの44歳。パリ国立高等音楽院でジェラール・プーレなどに師事、その後、トマス・ブランディス、アイザック・スターン、シュロモ・ミンツの下で研鑽を積んだ。クラウディオ・アバドの指名を受けて、1998年から2000年までマーラー・ユーゲント・オーケストラのコンサートマスターを務めた。ピエール・ブーレーズの下で指揮を学んだ。

ローザンヌ室内管は1942年、スイスの指揮者ヴィクトル・デザルツェンス(Victor Desarzens)が設立。デザルツェンスは約30年にわたってオーケストラを育て、その後はアルミン・ジョルダン、ローレンス・フォスター、ヘスス・ロペス=コボス、クリスティアン・ツァハリアスたちが首席指揮者を務めている。

ミシェル・コルボが指揮したバッハの宗教曲、ジョルダンとマリア・ジョアン・ピレシュによるモーツァルトのピアノ協奏曲集、ロペス=コボスの指揮によるハイドン交響曲集など、定評のある録音も多い。

写真:Renaud Capuçon / Simon Fowler


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. セビリア発 〓 セビリア王立交響楽団の次期芸術監督にマルク・スーストロ

  2. ウィーン発 〓 オーストリア造幣局がザルツブルク音楽祭100周年記念銀貨を発行

  3. ニューヨーク発 〓 ニューヨーク・フィルの活動再開は2021年1月

  4. マドリード発 〓 スペインがドミンゴ排除 !?

  5. デュッセルドルフ発 〓 作曲家メンデルスゾーンの銅像の修復工事終了

  6. ウィーン発 〓 2020年の「ニューイヤー・コンサート」のプログラム発表

  7. ミュンヘン発 〓 バイエルン放送響が首席指揮者にラトル

  8. ベルリン発 〓 州立歌劇場が新制作の《イェヌーファ》をライブ・ストリーミング

  9. ロンドン発 〓 ウィグモア・ホールが全公演をキャンセル、閉鎖は7月末まで

  10. ドレスデン発 〓 フラウエン教会の「アドヴェント・コンサート」は無観客で

  11. 東京発 〓 滋賀県立芸術劇場びわ湖ホールと沼尻竜典が「第51回ENEOS音楽賞」洋楽部門を受賞

  12. ストラスブール発 〓 ラン国立オペラが2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  13. アトランタ発 〓 アトランタ・オペラ衣装部がマスク製作に奮戦

  14. サリー発 〓 英国のグランジ・パーク・オペラが音楽祭の開催を断念、夏の音楽祭で初

  15. フィレンツェ発 〓 フィレンツェ歌劇場が新制作の《リゴレット》をライブ・ストリーミング、ヌッチ、カマレナ出演

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。