訃報 〓 マーティン・ロヴェット, 英国のチェロ奏者・アマデウス弦楽四重奏団のメンバー

2020/04/30

英国のチェロ奏者マーティン・ロヴェット(Martin Lovett)が亡くなった。93歳だった。1948年から1987年まで存在したアマデウス弦楽四重奏団(Amadeus String Quartet)の最後の生存者。

ロヴェットはロンドン・フィルハーモニー管弦楽団のチェロ奏者の息子として、1927年にロンドンに生まれた。ロンドンの王立音楽院で学び、1947年のアマデウス弦楽四重奏団結成に最年少の19歳で参加した。

弦楽四重奏団は、第1ヴァイオリンがノーバート・ブレイニン(Norbert Brainin)、第2ヴァイオリンがジークムント・ニッセル(Siegmund Nissel)、ヴィオラがペーター・シドロフ(Peter Schidlof)。そこにロヴェットが加わり、1948年にロンドンでデビューを飾った。

ロヴェット以外の三人は、1938年のオーストリア併合の影響で英国に亡命してきたユダヤ人。三人は大戦後に敵性外国人キャンプから解放された後、やはり英国に亡命していたポーランド生まれのヴァイオリニストでカール・フレッシュ門下のマックス・ロスタルに師事。その紹介で三人とロヴェットは知り合ったという。

その後、世界的な活動を展開。1988年にヴィオラのシドロフが亡くなって解散するまでの40年間、同一メンバーで活動を行なった。

ハイドンからベートーヴェン、ブラームスまで、ドイツ・オーストリア系をレパートリーの中心にしながら、ドイツ・グラモフォン(Deutsche Grammophon )を中心に200を超える録音を残している。

写真:Michael Slowe


関連記事

  1. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立歌劇場が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  2. 訃報 〓 ロザリンド・エリアス, 米国のメゾ・ソプラノ歌手

  3. サヴォンリンナ発 〓 フィンランド政府が500人を超えるイベントを禁止、サヴォンリンナ・オペラ・フェスティバルは中止に

  4. ニューヨーク発 〓 ニューヨーク・フィルの活動再開は2021年1月

  5. ウィーン発 〓 国立歌劇場が4月第5週のストリーミング・ラインナップを発表、新制作の《ファウスト》はライブで

  6. ルツェルン発 〓 イタリアから戻ったオーケストラがオペラから降板、新型コロナウイルスの感染拡大で

  7. ローマ発 〓 ガッティが「共和国記念日」を祝うコンサートを指揮

  8. 訃報 〓 セルゲイ・スロニムスキー, ロシアの作曲家

  9. ウィーン発 〓 国立歌劇場のストリーミング配信が新しいラインナップ

  10. トロント発 〓 カナダ国立バレエ団が元バレリーナのマリア・セレツカヤを常任指揮者に

  11. ロサンゼルス発 〓 2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  12. シュトゥットガルト発 〓 クルレンツィスが南西ドイツ放送響との契約を延長

  13. ボストン発 〓 ボストン響が年内の公演を断念

  14. ベルガモ発 〓 ドミンゴがバリトンの新しい役に挑戦

  15. トゥール発 〓 サントル=ヴァル・ド・ロワール交響楽団の首席客演指揮者にベネズエラの女流指揮者グラス・マルカーノ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。