ニューヨーク発 〓 アンジェラ・ゲオルギュー、新型コロナ陽性で8年ぶりのメトロポリタン歌劇場復帰ならず

2023/04/09

8年ぶりの復帰ならずー。ソプラノのアンジェラ・ゲオルギュー(Angela Gheorghiu)が体調不良で、5日と8日にメトロポリタン歌劇場の《トスカ》への出演をキャンセルした。降板の理由は、新型コロナウイルス検査で陽性反応が出たこと。劇場の方針では、陽性の場合は10日間隔離されるという。

今回の公演は、マシュー・ポレンザーニのカヴァラドッシ、ジェリコ・ルチッチのスカルピアとの共演で、指揮はドミンゴ・インドヤン。2回の公演はウクライナのソプラノ、リュドミラ・モナスティルスカが代役を務めた。

久々の出演とあって、直前に現地の有力紙「ニューヨーク・タイムズ」がインタビューを含めた特集記事を組んでおり、ゲオルギューは当初の劇場側のオファーは1回だったことを告白。しかし、1回の出演では渡航費とホテル代で出演料が消えてしまうため、お願いして出演を2回にしてもらったことなどを楽しげに語っていた。

写真:Angela Gheorghiu


関連記事

  1. 訃報 〓 マリス・ヤンソンス(76)ラトビアの指揮者

  2. 訃報 〓 イヴリー・ギトリス(98)イスラエルのヴァイオリニスト

  3. ハンブルク発 〓 ハンブルク・バレエ団がマカオ公演をキャンセル

  4. ルクセンブルク発 〓 指揮者のグスターボ・ヒメノがルクセンブルク・フィルとの契約を延長

  5. 札幌発 〓 札響の次期首席指揮者にエリアス・グランディ

  6. モスクワ発 〓 ヴァシリー・ペトレンコがスヴェトラーノフ記念ロシア国立響の芸術監督に

  7. エアフルト発 〓 ドイツのエアフルト・フィルハーモニー管弦楽団が次期音楽監督にアレクサンダー・プライアー

  8. フィレンツェ発 〓 レヴァインが指揮活動に復帰

  9. 訃報 〓 ハンス・ツェンダー(82)ドイツの指揮者、作曲家

  10. リンツ発 〓 マルクス・ポシュナーがブルックナー管の首席指揮者を2026/2027シーズンで退任

  11. ロンドン発 〓 フィルハーモニア管の次期首席指揮者にサントゥ=マティアス・ロウヴァリ

  12. ケルン発 〓 ケルン市立歌劇場が新シーズン、2023/2024シーズンの公演ラインナップを発表

  13. ベルリン発 〓 大統領主催のウクライナのための連帯コンサートの指揮者に沖澤のどか。急病のペトレンコの代役で

  14. パリ発 〓 ヨナス・カウフマンとリュドヴィク・テジエの二人が芸術存続のための政府の行動求める署名運動をスタート

  15. パリ発 〓 パリ国立オペラが2024/2025シーズンの公演ラインナップを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。