ブラティスラバ発 〓 スロヴァキア放送響激震、レナルトが復帰

2019/11/05

スロヴァキア放送交響楽団(Symfonický orchester Slovenského rozhlasu)が揺れている。首席指揮者を務める指揮者のピーター・ヴァレントビッチ(Peter Valentovic)、コンサート・マスターのマリアン・スベトリク(Marián Svetlík)の二人が同時に解任された。ヴァレントビッチは2018/2019シーズンから首席指揮者に迎えられたばかり。現地での報道などによると、後任には前任者でもあるオンドレイ・レナルト(Ondrej Lenárd,77)が就任した。レナールトとは、1988年から新星日本交響楽団の首席客演指揮者、1993年から1999年まで首席指揮者・芸術顧問を務め、日本でも馴染みの深い指揮者。

解任されたヴァレントビッチは1980年生まれのスロヴァキアの指揮者。ウィーン国立音楽演劇大学でレオポルト・ハーガーに師事。その後、パリの高等音楽院でソルト・ナジの下で学んだ。その後、欧米のあちこちの歌劇場、オーケストラを指揮した経験を持ち、イスタンブール国立歌劇場の首席指揮者などを務めている。この数年は、世界的なソプラノ歌手のエディタ・グルベローヴァ(Edita Gruberová)の伴奏の指揮に起用されることが多い。グルベローヴァの2016年の日本ツアーにも帯同、プラハ国立歌劇場のオーケストラを指揮している。

写真:Deutsche Oper Berlin / Marcus Lieberenz

関連記事

  1. カーディフ発 〓 BBCウェールズ・ナショナル管の次期首席指揮者にライアン・バンクロフト

  2. クリーブランド発 〓 フランツ・ウェルザー=メストがクリーブランド管との契約を延長

  3. ニューヨーク発 〓 ラトルが《薔薇の騎士》で1日だけ代役を依頼

  4. ベネチア発 〓 高潮で開幕公演のリハーサル中止、フェニーチェ劇場

  5. コシツェ発 〓 スロヴァキアの春の音楽祭「コシツェ音楽の春」も開催中止

  6. 東京発 〓 ロイヤル・オペラ・ハウス「シネマシーズン2019/20」スケジュール発表

  7. ウィーン発 〓 ヤンソンス、キャンセル続く

  8. グラナダ発 〓 パブロ・エラス=カサドが国際音楽舞踏祭の芸術監督を辞任

  9. プラハ発 〓 プラジャーク・クヮルテットが2021年に解散

  10. 訃報 〓 ラドミル・エリシュカ, チェコの指揮者

  11. オスロ発 〓 ノルウェー放送管の次期首席指揮者にペトル・ポペルカ

  12. ベルゲン発 〓 エドワード・ガードナーがベルゲン・フィルとの契約を延長

  13. ミュンヘン発 〓 ヤンソンス追悼演奏会はメータが指揮

  14. ロンドン発 〓 ヴィットリオ・グリゴーロ降板の裏にセクハラ

  15. タリン発 〓 エストニア国立響の次期音楽監督にオラリー・エルツ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。