ウィーン発 〓 2023年の「ニューイヤー・コンサート」のプログラム発表、なんと15曲中14曲が初出、少女合唱団の初共演も話題

2022/11/16

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(Wiener Philharmoniker)の2023年の元旦に行う「ニューイヤー・コンサート」のプログラムが発表された。2023年の指揮者は、2010年と2013年に次いで3度目の登場となるフランツ・ウェルザー=メスト(Franz Welser-Möst)。

「ニューイヤー・コンサート」は毎年元旦、彼らが本拠地の楽友協会大ホールで行っている恒例行事。シュトラウス一家のワルツやポルカを演奏する“音楽の都からの音楽の年賀状”。ただ、リッカルド・ムーティの指揮で行われた2021年は新型コロナウイルスの世界的流行で、1939年の創設以来初めて無観客で開催されている。

プログラムは以下の通りで、過去に演奏されているのはプログラムの最後を締め括るヨーゼフ・シュトラウスのワルツ《水彩画》のみで、全15曲の中の14曲が初登場となる。また、ヨハン2世とエドゥアルトが2曲ずつなのに、ヨーゼフの作品は8曲あり、ウェルザー=メストが独自色を打ち出している。

一方、ウィーン少年合唱団に加え、ウィーン少女合唱団が初めて参加するのも大きな話題。ヨーゼフ・シュトラウスのポルカ・フランセーズ《上機嫌》に出演する。少女合唱団は2004年の設立で、9歳から15歳までのメンバー25人が在籍している。


…… プログラム

 エドゥアルト・シュトラウス:ポルカ・シュネル《誰と一緒に踊る?》作品251
 ヨーゼフ・シュトラウス:ワルツ《英雄叙事詩》作品87
 ヨハン・シュトラウス2世:オペレッタ《ジプシー男爵》作品422から“カドリール”
 カール・ミヒャエル・ツィーラー:ワルツ《心地よい夜に》作品488
 ヨハン・シュトラウス2世:ポルカ・シュネル《元気にやろう》作品386
 フランツ・フォン・スッペ:オペレッタ《イザベラ》序曲
 ヨーゼフ・シュトラウス:ワルツ《愛の真珠》作品39
 ヨーゼフ・シュトラウス:ポルカ・フランセーズ《アンジェリカ》作品123
 エドゥアルト・シュトラウス:ポルカ・シュネル 《さあ、逃げろ!》作品73
 ヨーゼフ・シュトラウス:ポルカ・フランセーズ《上機嫌》作品281
 ヨーゼフ・シュトラウス:ポルカ・シュネル《永遠に》作品193
 ヨーゼフ・シュトラウス:ワルツ《マヒワ》作品114
 ヨーゼフ・ヘルメスベルガー2世:バレエ《エクセルシオール》からギャロップ付ベル・ポルカ
 ヨーゼフ・シュトラウス:幻想曲《アレグロ・ファンタスティク》
 ヨーゼフ・シュトラウス:ワルツ《水彩画》作品258

写真:Wiener Philharmoniker / Terry Linke


  もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ニューヨーク発 〓 ズヴェーデンが2023/2024シーズンでニューヨーク・フィルの音楽監督を退任

  2. 大阪発 〓 大フィルがクラウドファンディングで“朝比奈隆秘蔵スコア”のレプリカをリリース

  3. パリ発 〓 ミッコ・フランクがフランス放送フィルとの契約を延長

  4. ロサンゼルス発 〓 2021年の「ゴールデングローブ賞」のノミネート作出揃う

  5. ブレーメン発 〓 市立劇場の次期音楽総監督にシュテファン・クリンゲレ

  6. 訃報 〓 テレサ・ベルガンサ, スペインのメゾ・ソプラノ歌手

  7. アケルスベルガ発 〓 ついに論争に終止符!?、「BIS」レーベルが“フルヴェンのバイロイトの第九”の完全録音をリリース

  8. ヒューストン発 〓 ヒューストン交響楽団の次期音楽監督にスロヴァキアの指揮者ユライ・ヴァルチュハ

  9. トーレ・デル・ラーゴ発 〓 プッチーニ・フェスティバル開催決定

  10. マドリード発 〓 テアトロ・レアルの次期音楽監督にグスターボ・ヒメノ

  11. 東京発 〓 紀尾井ホール室内管弦楽団の次期首席指揮者にトレヴァー・ピノック

  12. ボルツァーノ発 〓 第63回「フェルッチョ・ブゾーニ国際ピアノ・コンクール」の第1位は韓国のパク・ジェホン

  13. チューリッヒ発 〓 チューリッヒ歌劇場が“週末ストリーミング”を開始

  14. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルが5月1日に恒例の「ヨーロッパ・コンサート」

  15. ニューヨーク発 〓 ウクライナ人演奏家集めた「フリーダム・オーケストラ」が欧米をツアー

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。