ハンブルク発 〓 ハンブルク州立歌劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

2020/02/11

ハンブルク州立歌劇場(Hamburg State Opera)が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表した。新制作は6作品。開幕は新制作の《ボリス・ゴドノフ》で、演出を手掛けるのはフランク・カストルフ、指揮はケント・ナガノ。

ムソルグスキー《ボリス・ゴドノフ》 = 新制作(演出:フランク・カストルフ)
9月5日 – 26日
指揮:ケント・ナガノ
出演:アレクサンドル・ツィムバリュク, イダ・アルドリアン, レナーテ・スピングラー, マティアス・クリンク, カタール・カラゲディック, ヴィタリ・コワリョフ, セルゲイ・ポリャーコフ, アレクサンドル・ロスラヴェッツ, ユルゲン・ザッヒャー, マルタ・シフィデルスカ, ダニエル・クルーゲ, マーティン・サマー, ジュリアン・アルスノー

ヨハン・シュトラウスⅡ《こうもり》 = 新制作(演出:ルノー・ドゥーセ)
10月18日 – 2021年1月8日
指揮:ジョナサン・ダーリントン
出演:ボー・スコウフス, ユルゲン・ザッヒャー, フルカール・サビロヴァ, トルステン・グリュンベル, Nadezhda Karyazina, クリスティーナ・スタネック, Dovlet Nurgeldiyev, オレクシー・パルチコフ, ベルンハード・ハンスキ, ピーター・ガリアード, カタリーナ・コンラーディ, ガブリエレ・ロスマニト, Udo Wachtveitl

マスネ《マノン》 = 新制作(演出:ダーヴィッド・ベッシュ)
2021年1月24日 – 2月13日
指揮:セバスティアン・ ローラン
出演:エルザ・ドライジグ, イオアン・イオアン・ホテア, ビョルン・バーガー, ダニエル・クルーゲ

ドニゼッティ《ルチア》 = 新制作(演出:アメリー・ニールマイヤー)
2021年3月7日 – 4月3日
指揮:ジャンパオロ・ビサンティ
出演:ヴェネラ・ギマディエヴァ, クリストフ・ポール, フランチェスコ・デムーロ, キム・ボムジン, アレクサンドル・ロスラヴェッツ, カーチャ・ピーヴェック, ダニエル・クルーゲ

ウェーバー《魔弾の射手》 = 新制作(演出:アンドレアス・クリーゲンブルク)
2021年4月18日 – 5月15日
指揮:ケント・ナガノ
出演:ベルンハード・ハンスキ, ジャクリーン・ワグナー, アンドレアス・バウアー・カナバス, エリック・カトラー , マーティン・サマー, ニコラス・モグ

ヘンデル《アグリッピーナ》 = 新制作(演出:バリー・コスキー)
2021年5月23日 – 6月10日
指揮:リッカルド・ミナージ
出演:アリス・クート, ルカ・ティトット, ユリア・レージネヴァ, クリストフ・デュモー, フランコ・ファジョーリ, レナート・ドルチーニ, エリック・ジュレナス, チャオ・ドン

写真:Staatsoper Hamburg


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ロンドン発 〓 英国が興業チケットの付加価値税を20%から5%に引き下げ

  2. 訃報 〓 クラウディオ・カヴィーナ, イタリアの指揮者・カウンターテナー

  3. ボストン発 〓 ボストン響がレイオフに続き、平均37%の報酬カット

  4. モスクワ発 〓 ロシアも連邦機関、博物館、劇場を閉鎖

  5. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立歌劇場がシーズン閉幕を宣言、夏のミュンヘン・オペラ・フェスティバルも中止

  6. プラハ発 〓 チェコの国民劇場が新制作の《ドン・ジョヴァンニ》をライブ・ストリーミング

  7. ベルリン発 〓 コーミッシェ・オーパーの再開場は少なくともイースター明け

  8. 訃報 〓 レオン・フライシャー, 米国のピアニスト

  9. ブリュッセル発 〓 名ホール、パレ・デ・ボザールで火災

  10. コブレンツ発 〓 指揮者ギャリー・ウォーカーが今シーズン限りでライン州立フィルハーモニー管の首席指揮者を退任

  11. ウィーン発 〓 国立歌劇場が3月第3週のストリーミング配信のラインナップを発表

  12. 訃報 〓 ルーゼン・グネス, トルコ出身のヴィオラ奏者

  13. マールボロ発 〓 マールボロ音楽祭が開催を断念

  14. ミラノ発 〓 スカラ座の《サロメ》は指揮者がメータからシャイーに

  15. パレルモ発 〓 ムーティが50年ぶりにマッシモ劇場管弦楽団の指揮台に

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。