ハンブルク発 〓 ハンブルク州立歌劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

2020/02/11

ハンブルク州立歌劇場(Hamburg State Opera)が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表した。新制作は6作品。開幕は新制作の《ボリス・ゴドノフ》で、演出を手掛けるのはフランク・カストルフ、指揮はケント・ナガノ。

ムソルグスキー《ボリス・ゴドノフ》 = 新制作(演出:フランク・カストルフ)
9月5日 – 26日
指揮:ケント・ナガノ
出演:アレクサンドル・ツィムバリュク, イダ・アルドリアン, レナーテ・スピングラー, マティアス・クリンク, カタール・カラゲディック, ヴィタリ・コワリョフ, セルゲイ・ポリャーコフ, アレクサンドル・ロスラヴェッツ, ユルゲン・ザッヒャー, マルタ・シフィデルスカ, ダニエル・クルーゲ, マーティン・サマー, ジュリアン・アルスノー

ヨハン・シュトラウスⅡ《こうもり》 = 新制作(演出:ルノー・ドゥーセ)
10月18日 – 2021年1月8日
指揮:ジョナサン・ダーリントン
出演:ボー・スコウフス, ユルゲン・ザッヒャー, フルカール・サビロヴァ, トルステン・グリュンベル, Nadezhda Karyazina, クリスティーナ・スタネック, Dovlet Nurgeldiyev, オレクシー・パルチコフ, ベルンハード・ハンスキ, ピーター・ガリアード, カタリーナ・コンラーディ, ガブリエレ・ロスマニト, Udo Wachtveitl

マスネ《マノン》 = 新制作(演出:ダーヴィッド・ベッシュ)
2021年1月24日 – 2月13日
指揮:セバスティアン・ ローラン
出演:エルザ・ドライジグ, イオアン・イオアン・ホテア, ビョルン・バーガー, ダニエル・クルーゲ

ドニゼッティ《ルチア》 = 新制作(演出:アメリー・ニールマイヤー)
2021年3月7日 – 4月3日
指揮:ジャンパオロ・ビサンティ
出演:ヴェネラ・ギマディエヴァ, クリストフ・ポール, フランチェスコ・デムーロ, キム・ボムジン, アレクサンドル・ロスラヴェッツ, カーチャ・ピーヴェック, ダニエル・クルーゲ

ウェーバー《魔弾の射手》 = 新制作(演出:アンドレアス・クリーゲンブルク)
2021年4月18日 – 5月15日
指揮:ケント・ナガノ
出演:ベルンハード・ハンスキ, ジャクリーン・ワグナー, アンドレアス・バウアー・カナバス, エリック・カトラー , マーティン・サマー, ニコラス・モグ

ヘンデル《アグリッピーナ》 = 新制作(演出:バリー・コスキー)
2021年5月23日 – 6月10日
指揮:リッカルド・ミナージ
出演:アリス・クート, ルカ・ティトット, ユリア・レージネヴァ, クリストフ・デュモー, フランコ・ファジョーリ, レナート・ドルチーニ, エリック・ジュレナス, チャオ・ドン

写真:Staatsoper Hamburg


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. プラハ発 〓 プラハ国立歌劇場がリニューアル・オープン

  2. ウィーン発 〓 ニューイヤー・コンサートの「ラデツキー行進曲」のアレンジを一新

  3. ニューヨーク発 〓 ニューヨーク・フィルが今シーズンの公演をすべてキャンセル

  4. ブダペスト発 〓 イヴァン・フィッシャーが室内コンサートの動画を毎晩投稿と表明

  5. ベルリン発 〓 ムターがフェイスブック上で新型コロナウイルスの陽性反応が出たことを明らかに

  6. 訃報 〓 ラインベルト・デ・レーウ, オランダの指揮者・ピアニスト・作曲家

  7. ロサンゼルス発 〓 第62回「グラミー賞」決まる

  8. ロンドン発 〓 ロイヤル・オペラがグリゴーロに“黒判定”、メトロポリタン歌劇場も

  9. リオデジャネイロ発 〓 ネルソン・フレイレが腕を骨折、年内の公演をキャンセル

  10. トロント発 〓 トランペットのコレッティが「カナディアン・ブラス」を退団

  11. パリ発 〓 終わらない国立オペラのストライキ、新制作の《マノン》の上演も断念

  12. ロンドン発 〓 BBCコンサート・オーケストラの首席客演指揮者にアンナ=マリア・ヘルシング

  13. ウィーン発 〓 国立歌劇場も3月いっぱい閉鎖

  14. ローマ発 〓 劇場の閉鎖など、イタリア全土で4月3日まで継続

  15. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場が無料のストリーミング配信“Nightly Met Opera Streams”をスタート

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。