ワシントン発 〓 ナショナル・オペラが2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

2020/02/11

ワシントンのケネディー・センターを拠点にしているナショナル・オペラ(Washington National Opera)が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表した。開幕はベートーヴェン《フィデリオ》で、ジョン・アダムズ《中国のニクソン》のワシントン初演やルネ・フレミングの新演出によるモーツァルト《コジ・ファン・トゥッテ》などが、ラインナップには並んでいる。

ベートーヴェン《フィデリオ》
10月24日 – 11月9日
指揮:ロバート・スパーノ
出演:エルザ・ファン・デン・ヘーヴァー, ブランドン・ジョヴァノヴィッチ, ブライアン・マリガン, ライアン・スピード・グリーン, ジョシュア・ブルー, エリック・オーエンス

ジョン・アダムズ《中国のニクソン》 = 新制作(演出:エレカナ・ピューリッツァー)
10月31日 – 11月14日
指揮:デイヴィッド・ロバートソン
出演:ライアン・マキニー, ショーン・パニカー, ジョエル・ハーヴェイ, パク・ソヨン, クレッグ・コルクロー, カン・チュウォン

ムソルグスキー《ボリス・ゴドノフ》 = 新制作(演出:フランチェスカ・ザンベロ)
2021年2月20日 – 3月17日
指揮:エヴァン・ロジスター
出演:エフゲニー・ニキティン, ユン・クヮンチュル, シュテファン・マルギータ, エリザベス・ビショップ, セルゲイ・セルゲイ・スコロホドフ, デヴィッド・リー

ヴェルディ《リゴレット》
2021年2月21日 – 3月20日
指揮:ロベルト・アバド
出演:クリストファー・モルトマン, ペネ・パティ, スタニスラフ・トロフィモフ, アリサ・コロソヴァ

モーツァルト《コジ・ファン・トゥッテ》 = 新制作(演出:ルネ・フレミング)
2021年2月27日 – 3月19日
指揮:ダリア・スタセヴスカ
出演:ローラ・ワイルド, アンナ・ステファニー, カン・ワン, Andrey Zhilikhovsky, アンナ・カテリーナ・アントナッチ, パウロ・ジョット

プッチーニ《ラ・ボエーム》
2021年5月15日 – 5月29日
指揮:エヴァン・ロジスター
出演:エンジェル・ブルー, スティーヴン・ コステロ, アダム・プラチェトカ, ジャクリン・エコールズ, Adrian Timpau, アレクサンドロス・スタヴラカキス, アーサー・ウッドリー

写真:Washington National Opera


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. エバンストン発 〓 2019年の「ゲオルグ・ショルティ指揮者アワード」はヤニブ・ディヌールに

  2. 訃報 〓 スティーヴン・ソンドハイム(91)アメリカの作曲家・作詞家

  3. ブリュッセル発 〓 大野和士がブリュッセル・フィルの次期音楽監督に

  4. ボストン発 〓 指揮者のアンドリス・ネルソンスが「テコンドー」の黒帯を取得

  5. ニース発 〓 ニース・オペラが新しい音楽監督にダニエレ・カッレガーリ

  6. ミュンヘン発 〓 ザクセン州立オペラに続いてバイエルン州立オペラも公演をキャンセル、新型コロナの感染者急増で

  7. ウィーン発 〓 ウィーン国立歌劇場に初の女性コントラバス奏者

  8. ニューヨーク発 〓 カーネギー・ホールが2020/2021シーズンの残りの公演をキャンセル

  9. ドレスデン発 〓 ザクセン州立歌劇場が新制作《カプリッチョ》をストリーミングへ、指揮はティーレマン

  10. フランクフルト発 〓 フランクフルト市立オペラが2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

  11. ベルリン発 〓 首席フルートのマチュー・デュフォーがベルリン・フィルを退団

  12. ウィーン発 〓 ウィーン・フィルが2022年の「ニューイヤー・コンサート」プログラムを発表

  13. ウィーン発 〓 ウィーン・フィルが公開書簡でメトロポリタン歌劇場経営陣に苦言

  14. ジュネーブ発 〓 第76回「ジュネーブ国際音楽コンクール」のピアノ部門でカナダのケビン・チェンが優勝、日本の五十嵐薫子が3位に

  15. モスクワ発 〓 ロシアも連邦機関、博物館、劇場を閉鎖

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。