ワシントン発 〓 ナショナル・オペラが2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

2020/02/11

ワシントンのケネディー・センターを拠点にしているナショナル・オペラ(Washington National Opera)が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表した。開幕はベートーヴェン《フィデリオ》で、ジョン・アダムズ《中国のニクソン》のワシントン初演やルネ・フレミングの新演出によるモーツァルト《コジ・ファン・トゥッテ》などが、ラインナップには並んでいる。

ベートーヴェン《フィデリオ》
10月24日 – 11月9日
指揮:ロバート・スパーノ
出演:エルザ・ファン・デン・ヘーヴァー, ブランドン・ジョヴァノヴィッチ, ブライアン・マリガン, ライアン・スピード・グリーン, ジョシュア・ブルー, エリック・オーエンス

ジョン・アダムズ《中国のニクソン》 = 新制作(演出:エレカナ・ピューリッツァー)
10月31日 – 11月14日
指揮:デイヴィッド・ロバートソン
出演:ライアン・マキニー, ショーン・パニカー, ジョエル・ハーヴェイ, パク・ソヨン, クレッグ・コルクロー, カン・チュウォン

ムソルグスキー《ボリス・ゴドノフ》 = 新制作(演出:フランチェスカ・ザンベロ)
2021年2月20日 – 3月17日
指揮:エヴァン・ロジスター
出演:エフゲニー・ニキティン, ユン・クヮンチュル, シュテファン・マルギータ, エリザベス・ビショップ, セルゲイ・セルゲイ・スコロホドフ, デヴィッド・リー

ヴェルディ《リゴレット》
2021年2月21日 – 3月20日
指揮:ロベルト・アバド
出演:クリストファー・モルトマン, ペネ・パティ, スタニスラフ・トロフィモフ, アリサ・コロソヴァ

モーツァルト《コジ・ファン・トゥッテ》 = 新制作(演出:ルネ・フレミング)
2021年2月27日 – 3月19日
指揮:ダリア・スタセヴスカ
出演:ローラ・ワイルド, アンナ・ステファニー, カン・ワン, Andrey Zhilikhovsky, アンナ・カテリーナ・アントナッチ, パウロ・ジョット

プッチーニ《ラ・ボエーム》
2021年5月15日 – 5月29日
指揮:エヴァン・ロジスター
出演:エンジェル・ブルー, スティーヴン・ コステロ, アダム・プラチェトカ, ジャクリン・エコールズ, Adrian Timpau, アレクサンドロス・スタヴラカキス, アーサー・ウッドリー

写真:Washington National Opera


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ハイファ発 〓 ハイファ交響楽団の次期音楽監督にヨエル・レヴィ

  2. ソウル発 〓 ソウル・ポップス・オーケストラのウクライナ人3人がロシアの侵略から祖国を守るため帰国、従軍

  3. ニューヨーク発 〓 新たに11人の女性がドミンゴのセクハラを証言

  4. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルに初の中国人メンバー、ヴィオラの首席奏者に梅第揚

  5. フィレンツェ発 〓 フィレンツェ歌劇場が新制作の《リゴレット》、《コジ・ファン・トゥッテ》をストリーミング配信

  6. フォートワース発 〓 韓国のイム・ユンチャンが第16回「ヴァン・クライバーン国際ピアノ・コンクール」で史上最年少優勝

  7. 訃報 〓 フランシス・レイ(86)フランスの作曲家

  8. 訃報 〓 ラインベルト・デ・レーウ(81)オランダの指揮者、ピアニスト、作曲家

  9. トゥールーズ発 〓 キャピトル国立管が音楽監督を辞任したトゥガン・ソヒエフに「名誉指揮者」の称号

  10. ニューヨーク発 〓 テノール歌手のステファン・グールドが胆管がんとの闘病を告白

  11. ロンドン発 〓 置き忘れたヴァイオリン、スティーブン・モリスに戻る

  12. ノボシビルスク発 〓 トーマス・ザンデルリングがノボシビルスク・フィルを辞任、ロシアのウクライナ侵略で

  13. パリ発 〓 劇場の占拠、フランス全土へ拡大

  14. ストックホルム発 〓 ノーベル賞コンサートの指揮はマンフレート・ホーネック、ディアナ・ダムラウが出演

  15. ポズナン発 〓 第16回「ヴィエニャフスキ国際ヴァイオリン・コンクール」で前田妃奈が優勝

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。