ワシントン発 〓 ナショナル・オペラが2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

2020/02/11

ワシントンのケネディー・センターを拠点にしているナショナル・オペラ(Washington National Opera)が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表した。開幕はベートーヴェン《フィデリオ》で、ジョン・アダムズ《中国のニクソン》のワシントン初演やルネ・フレミングの新演出によるモーツァルト《コジ・ファン・トゥッテ》などが、ラインナップには並んでいる。

ベートーヴェン《フィデリオ》
10月24日 – 11月9日
指揮:ロバート・スパーノ
出演:エルザ・ファン・デン・ヘーヴァー, ブランドン・ジョヴァノヴィッチ, ブライアン・マリガン, ライアン・スピード・グリーン, ジョシュア・ブルー, エリック・オーエンス

ジョン・アダムズ《中国のニクソン》 = 新制作(演出:エレカナ・ピューリッツァー)
10月31日 – 11月14日
指揮:デイヴィッド・ロバートソン
出演:ライアン・マキニー, ショーン・パニカー, ジョエル・ハーヴェイ, パク・ソヨン, クレッグ・コルクロー, カン・チュウォン

ムソルグスキー《ボリス・ゴドノフ》 = 新制作(演出:フランチェスカ・ザンベロ)
2021年2月20日 – 3月17日
指揮:エヴァン・ロジスター
出演:エフゲニー・ニキティン, ユン・クヮンチュル, シュテファン・マルギータ, エリザベス・ビショップ, セルゲイ・セルゲイ・スコロホドフ, デヴィッド・リー

ヴェルディ《リゴレット》
2021年2月21日 – 3月20日
指揮:ロベルト・アバド
出演:クリストファー・モルトマン, ペネ・パティ, スタニスラフ・トロフィモフ, アリサ・コロソヴァ

モーツァルト《コジ・ファン・トゥッテ》 = 新制作(演出:ルネ・フレミング)
2021年2月27日 – 3月19日
指揮:ダリア・スタセヴスカ
出演:ローラ・ワイルド, アンナ・ステファニー, カン・ワン, Andrey Zhilikhovsky, アンナ・カテリーナ・アントナッチ, パウロ・ジョット

プッチーニ《ラ・ボエーム》
2021年5月15日 – 5月29日
指揮:エヴァン・ロジスター
出演:エンジェル・ブルー, スティーヴン・ コステロ, アダム・プラチェトカ, ジャクリン・エコールズ, Adrian Timpau, アレクサンドロス・スタヴラカキス, アーサー・ウッドリー

写真:Washington National Opera


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ウィーン発 〓 国立歌劇場が6月のストリーミング配信のラインナップを発表

  2. ベルリン発 〓 ドイツが過去最大規模の21億ユーロで文化支出を支援

  3. ロンドン発 〓 ルプーが引退へ

  4. ロンドン発 〓 ロイヤル・バレエのリアム・スカーレットにセクハラ疑惑?

  5. クレルモン=フェラン発 〓 フランス国立オーベルニュ管弦楽団の次期音楽監督にトマス・ツェートマイアー

  6. ローマ発 〓 ローマ歌劇場は14日に再開場、続いて野外公演

  7. ケムニッツ発 〓 ギレルモ・ガルシア・カルヴォが市立劇場との契約を延長

  8. ザルツブルク音楽祭 〓 ハンガリーのガボール・カリ、第9回「ネスレ&ザルツブルク音楽祭青年指揮者コンクール」で優勝

  9. ベルリン発 〓 ウラディーミル・ユロフスキがベルリン放送交響楽団との契約を延長

  10. ミラノ発 〓 スカラ座が音楽監督のリッカルド・シャイーとの契約を延長

  11. ベルリン発 〓 ドイツのオペラ雑誌「オペルンヴェルト」が「オブ・ザ・イヤー」を発表

  12. ロンドン発 〓 クラシック音楽雑誌「グラモフォン」が「オーケストラ・オブ・ザ・イヤー」のノミネート録音を発表、10日から投票始まる

  13. パリ発 〓 ロン・ティボー・クレスパン国際音楽コンクールのピアノ部門で日本人が1、2位独占

  14. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルも「デジタル・コンサートホール」を1か月間無料開放

  15. 訃報 〓 エリオ・ボンコンパーニ, イタリアの指揮者

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。