ザルツブルク発 〓 夏の音楽祭が“縮小版”プログラムを発表

2020/06/10

ザルツブルク音楽祭(Salzburger Festspiele)が9日、夏の音楽祭のさしかえプログラムを発表した。

音楽祭は今年、創立100周年という記念の年。新型コロナウイルスの感染拡大で開催が危ぶまれていたが、先月25日になって催行を宣言。開幕を遅らせて8月1日に変更、会期を44日間から30日間に短縮しつつ、プログラムも小規模な公演に切り替えることを明らかにしている。

発表されたプログラムによると、上演されるオペラは、クリストフ・ワリコフスキ演出のリヒャルト・シュトラウス《エレクトラ》と、クリストフ・ロイ演出のモーツァルト《コジ・ファン・トゥッテ》の2作品。

《エレクトラ》は8月1日から24日にかけての上演。客席1,500強のフェルゼンライトシューレが会場で、聴衆700人を入れる。

指揮はフランツ・ウェルザー=メストで、ターニャ・アリアーネ・バウムガルトナー、アスミク・グリゴリアン、アウシュリネ・ストゥンディーテ、デレク・ウェルトンが出演する。

一方、《コジ・ファン・トゥッテ》は8月2日から18日にかけての上演。客席2,300の祝祭大劇場が会場で、1,000人の聴衆を入れる。

指揮はヨアナ・マルヴィッツ。エルザ・ドライジグ、マリアンヌ・クレバッサ、ボグダン・ヴォルコフ、アンドレ・シュエン、ヨハネス・マルティン・クレンツレが出演する。

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のコンサートに登場する指揮者は、アンドリス・ネルソンス、リッカルド・ムーティ、グスターボ・ドゥダメル、クリスティアン・ティーレマン。

オペラ以外にソーニャ・ヨンチェヴァ、アンナ・ネトレプコ、ファン・ディエゴ・フローレス、チェチーリア・バルトリらによる演奏会が行われることも明らかになった。

写真:Salzburger Festspiele


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ウィーン発 〓 国立歌劇場の「オーパンバル」にアイーダ・ガリフッリーナとピョートル・ベチャワが出演

  2. ボローニャ発 〓 指揮者のオクサーナ・リーニフが疲労でダウン、ボローニャ劇場の公演の指揮をキャンセル

  3. バーゼル発 〓 バーゼル・シンフォニエッタの次期首席指揮者にティトゥス・エンゲル

  4. ローマ発 〓 イタリア全土で劇場また閉鎖

  5. ボーフム発 〓 ルール・トリエンナーレの芸術監督に演出家のイヴォ・ヴァン・ホーヴェ

  6. マドリード発 〓 テアトロ・レアルの新シーズンはヴェルディ《仮面舞踏会》で開幕

  7. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立オペラが新制作の《ジュディッタ》をストリーミング配信

  8. フィレンツェ発 〓 ジェームズ・レヴァインの現場復帰がお預けに

  9. アムステルダム発 〓 コンセルトヘボウも5月に予定していた「マーラー・フェスティバル」の中止を発表、コロナ禍で2年連続の中止

  10. ポズナン発 〓 スタニスワフ・モニューシュコ大劇場の音楽監督にイタリアのマルコ・グィダリーニ

  11. 東京発 〓 2020年度の分配額が過去最高の1206億円、日本音楽著作権協会

  12. ダラス発 〓 ダラス交響楽団が演奏会形式による“リング・チクルス”、オーケストラによる通し上演は全米初

  13. モントリオール発 〓 モントリオール響がロシアの若手ピアニストの出演をキャンセル、ウクライナ・コミュニティーと楽団員の反発で

  14. ジェノヴァ発 〓 カルロ・フェリーチェ劇場の音楽監督にリッカルド・ミナシ

  15. 東京発 〓 久石譲が新作交響曲を自ら世界初演、創立50周年を迎える新日本フィルの2021/2022シーズンのオープニング・コンサートで

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。