ザルツブルク発 〓 夏の音楽祭が“縮小版”プログラムを発表

2020/06/10

ザルツブルク音楽祭(Salzburger Festspiele)が9日、夏の音楽祭のさしかえプログラムを発表した。

音楽祭は今年、創立100周年という記念の年。新型コロナウイルスの感染拡大で開催が危ぶまれていたが、先月25日になって催行を宣言。開幕を遅らせて8月1日に変更、会期を44日間から30日間に短縮しつつ、プログラムも小規模な公演に切り替えることを明らかにしている。

発表されたプログラムによると、上演されるオペラは、クリストフ・ワリコフスキ演出のリヒャルト・シュトラウス《エレクトラ》と、クリストフ・ロイ演出のモーツァルト《コジ・ファン・トゥッテ》の2作品。

《エレクトラ》は8月1日から24日にかけての上演。客席1,500強のフェルゼンライトシューレが会場で、聴衆700人を入れる。

指揮はフランツ・ウェルザー=メストで、ターニャ・アリアーネ・バウムガルトナー、アスミク・グリゴリアン、アウシュリネ・ストゥンディーテ、デレク・ウェルトンが出演する。

一方、《コジ・ファン・トゥッテ》は8月2日から18日にかけての上演。客席2,300の祝祭大劇場が会場で、1,000人の聴衆を入れる。

指揮はヨアナ・マルヴィッツ。エルザ・ドライジグ、マリアンヌ・クレバッサ、ボグダン・ヴォルコフ、アンドレ・シュエン、ヨハネス・マルティン・クレンツレが出演する。

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のコンサートに登場する指揮者は、アンドリス・ネルソンス、リッカルド・ムーティ、グスターボ・ドゥダメル、クリスティアン・ティーレマン。

オペラ以外にソーニャ・ヨンチェヴァ、アンナ・ネトレプコ、ファン・ディエゴ・フローレス、チェチーリア・バルトリらによる演奏会が行われることも明らかになった。

写真:Salzburger Festspiele


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ニューヨーク発 〓 ドミンゴがメトロポリタン歌劇場を“自主降板”

  2. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルの2020/2021シーズンが開幕

  3. パリ発 〓 アラーニャが途中降板、パリ国立オペラの《ドン・カルロ》の公演で

  4. 香港発 〓 指揮者のズヴェーデンが香港フィルとの契約を延長

  5. 東京発 〓 新国立劇場がオペラの芸術監督の大野和士との契約を延長

  6. 東京発 〓 NHK交響楽団がパーヴォ・ヤルヴィとの契約を延長

  7. ワシントン発 〓 ナショナル響がロンドン響のレーベル「LSO Live」からアルバムをリリース

  8. ロンドン発 〓 カリーナ・カネラキスがロンドン・フィルの首席客演指揮者に

  9. ロッテルダム発 〓 ロッテルダム・フィルがラハフ・シャニとの契約を延長

  10. ブリュッセル発 〓 NHK交響楽団のヨーロッパ・ツアーが終了

  11. ロンドン発 〓 「最も忙しい指揮者」はネルソンス、クラシック統計ランキングで

  12. ニューヨーク発 〓 映画『The Song of Names』、北米での公開始まる

  13. ザルツブルク音楽祭 〓 2019年の音楽祭が閉幕、最終日にドミンゴ

  14. ザルツブルク発 〓 ティーレマンがバッハラーに“宣戦布告”

  15. ウィーン発 〓 指揮者のマルコ・アルミリアートが国立歌劇場の名誉会員に

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。