訃報 〓 セルゲイ・ドレンスキー(88)ロシアのピアニスト

2020/02/27
【最終更新日】2023/02/16

名伯楽として知られたロシアのピアニスト、セルゲイ・ドレンスキー(Sergei Dorensky)が26日に亡くなった。88歳だった。母校モスクワ音楽院でピアニストを育てる一方、チャイコフスキー、ショパン、浜松といったピアノ・コンクールの審査員を歴任した国際コンクール界の重鎮。

ドレンスキーは1931年、モスクワの生まれ。中央音楽学校、モスクワ音楽院で学んだ。グリゴリー・ギンズブルクに師事しており、ロシア五大ピアノ楽派を構成する「ギンスブルグ楽派」直系のピアニストとして知られる。

ピアニストとしては音楽院在学中の1955年にワルシャワで行われた第5回「世界青年学生祭典」で第1位、1957年にはリオデジャネイロ国際ピアノコンクールで第2位を獲得した。

1957年に音楽院研究科を修了すると母校の教員となり、教授を経て1978年からピアノ学部の学部長。1994年から1997年までは音楽院のピアノ特別科も統括した。

その門下から、ニコライ・ルガンスキー、デニス・マツーエフ、アレクサンドル・シュタルクマン、オルガ・カーン、ヒョードル・アミロフ、アンドレイ・ピサレフなどを輩出。指導した国際コンクール入賞者は100人を超えるといわれる。

1988年にソ連当局より「人民芸術家」の称号を贈られている他、2007年には「祖国功労勲章」も受章した。2015年には日本から旭日小綬章受章が贈られている。

写真:www.discogs.com

関連記事

  1. オルデンブルク発 〓 州立劇場が音楽総監督ヘンドリク・ヴェストマンの退任発表、任期満了の2024/2025シーズンをもって

  2. ライプツィヒ発 〓 2024年の「バッハ・メダル」はアンドレアス・シュタイアーに

  3. ロンドン発 〓 ロイヤル・オペラがグリゴーロに“黒判定”、メトロポリタン歌劇場も

  4. ライプチヒ発 〓 ブロムシュテットがゲヴァントハウス管とシューベルト、ベルワルドの交響曲全集

  5. サンティアゴ発 〓 アンドレ・リュウ率いる“ヨハン・シュトラウス・オーケストラ”がチリで立ち往生

  6. パリ発 〓 ニコール・カー、エティエンヌ・デュピュイ夫妻がフリーのアーティストを支援するファンドを設立

  7. コペンハーゲン発 〓 ルイージが「ドイツ・グラモフォン」からニールセンの交響曲全集

  8. ネイプルズ発 〓 米国のネイプルズ管の芸術・音楽監督に英国のアレクサンダー・シェリー

  9. ウィーン発 〓 2020年の「ニューイヤー・コンサート」のプログラム発表

  10. 東京発 〓 新国立劇場が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  11. ブザンソン発 〓 国際指揮者コンクールで沖澤のどかが優勝

  12. パリ発 〓 ポリーニの復帰は6月以降?

  13. 訃報 〓 ディミトリー・スミルノフ(71)旧ソ連出身の作曲家

  14. 別府発 〓 第22回のアルゲリッチ音楽祭は来年にそのまま延期

  15. ロサンゼルス発 〓 ハンス・ジマーが2度目の「アカデミー賞」作曲賞受賞、映画「DUNE デューン 砂の惑星」の音楽で

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。