サンタンデール発 〓 第20回「パロマ・オシェイ・サンタンデール国際ピアノ・コンクール」でカナダ出身のイェーデン・イジク=ドズルコが優勝

2022/08/10

スペイン北部ビスケー湾を臨むサンタンデールで行われていた第20回「パロマ・オシェイ・サンタンデール国際ピアノ・コンクール」で5日、カナダ出身のイェーデン・イジク=ドズルコ(Jaeden Izik-Dzurko)が第1位を獲得した。2位に中国のザン・シャオル(Xiaolu Zang=臧小橹)、3位に日本生まれのマルセル田所(Tadokoro Marcel)が入賞した。また、6人のファイナリストに残った日本の仁田原祐(Yu Nitahara)がファイナリスト賞を受賞した。

イジク=ドズルコは今年4月のマリア・カナルス国際音楽コンクールに続く優勝。カナダ・サーモンアーム生まれの23歳で、ニューヨークのジュリアード音楽院でヨヘヴェド・カプリンスキーに学び、現在はカナダのブリティッシュ・コロンビア大学のコリー・ハムの下で研鑽を積んでいる。

コンクールは1972年の創設で、4年に一度の開催。自身もピアニストで、芸術家の支援者であるパロマ・オシェイが代表を務めるアルベニス財団が主催しており、ファイナル・コンサートはサンタンデール音楽祭期間中に開催される。今年は7月25日に開幕。スペインのピアニスト、ホアキン・アチュカロが審査委員長を務め、海老彰子やバリー・ダグラスも審査員を務めている。

写真:Santander International Piano Competition


    もっと詳しく ▷

    音楽祭プロフィールはこちら ▷


関連記事

  1. アムステルダム発 〓 コンセルトヘボウ管が26日から活動再開

  2. ペルミ発 〓 ペルミ・オペラ・バレエ劇場の次期音楽監督に29歳のミグラン・アガザニアン

  3. ブダペスト発 〓 ハンガリー放送響の次期首席指揮者にリッカルド・フリッツァ

  4. ロンドン発 〓 指揮者のウラディーミル・ユロフスキが大英帝国勲章ナイト・コマンダー章を受章

  5. ボストン発 〓 ボストン響が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  6. カルガリー発 〓 カルガリー・フィルも楽団員84人全員を一時解雇

  7. ミラノ発 〓 スカラ座は7日の新シーズン開幕に向けて準備万端、ネトレプコも肩の手術から現場復帰

  8. シュトゥットガルト発 〓 コルネリウス・マイスターが州立劇場の音楽総監督退任へ

  9. ニューヨーク発 〓 ストラディバリウス「ダ・ヴィンチ」、史上2番目の20億円超で落札

  10. デュッセルドルフ発 〓 シューマンの旧居を博物館に

  11. 東京発 〓 ワシントン・ナショナル響が日本公演を中止

  12. ゲーラ発 〓 アンテンブルク・ゲーラ市立劇場の音楽総監督にルーベン・ガザリアン

  13. ベルリン発 〓 バレンボイムが一時的に現場復帰

  14. ヒューストン発 〓 ヒューストン響が音楽監督のユライ・ヴァルチュハとの契約を延長

  15. パンプローナ発 〓 パンプローナに新しい音楽祭が誕生

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。