ミラノ発 〓 スカラ座の次シーズンのアウトラインが明らかに。48年ぶりに《ノルマ》が復活

2024/03/30

イタリアのメディアがミラノ・スカラ座(Teatro alla Scala)の2024/2025シーズンの概要を報じた。2024/2025シーズンは、現在の総裁ドミニク・マイヤー(Dominique Meyer)にとって最後のシーズン。開幕は例年通り、ミラノの守護聖人・聖アンブロシウスの日の12月7日。

報道によると、新シーズンはアンナ・ネトレプコ、ヨナス・カウフマン、ルドヴィク・テジエが共演するヴェルディ《運命の力》で開幕するという。指揮はリッカルド・シャイー、新演出はレオ・ムスカートが手掛ける。

話題の中心は、ベッリーニ《ノルマ》の復活。なんと上演は48年ぶりになるという。前回はモンセラート・カバリエが演じた主人公のノルマ役にはマリーナ・レベカが起用され、指揮はファビオ・ルイージ。オリヴィエ・ピィが新演出を手掛ける。

新制作では、フランチェスコ・フィリデイの新作オペラ《薔薇の名前》の初演も話題。ウンベルト・エーコの同名小説を元にした作品で、ダミアーノ・ミケレットが新演出を手掛ける。ティムール・ザンギエフの指揮、マリオ・マルトーネの演出によるチャイコフスキー《エフゲニー・オネーギン》も予定されている。

加えて、デイヴィッド・マクヴィカーの新演出、クリスティアン・ティーレマンの指揮で2023/2024シーズンから上演が始まるワーグナー《ニーベルングの指環》の上演は2シーズン目となり、新シーズンには《ワルキューレ》と《ジークフリート》が登場する。

写真:Teatro alla Scala


関連記事

  1. ライプツィヒ発 〓 ゲヴァントハウス管が夏の音楽祭

  2. ミラノ発 〓 スカラ座がストリーミング配信の次期ラインナップを発表

  3. ベルリン発 〓 ジョン・ウィリアムズ、2月で90歳。ベルリン・フィルとのライブ・アルバムのリリースあり、ケネディ・センターでは3日間のフェスティバルも

  4. ニューヨーク発 〓 シティ・オペラの音楽監督兼首席指揮者にコンスタンチン・オルベリアン

  5. ウィーン発 〓 国立歌劇場が新制作の《椿姫》をストリーミング配信

  6. マドリッド発 〓 スペイン政府が非常事態を再度宣言、夜間外出禁止

  7. グロッセート発 〓 第1回「セルゲイ・クーセヴィツキー国際指揮者コンクール」で出口大地が最高位

  8. ローザンヌ発 〓 ヴァイオリニストのルノー・カプソンがローザンヌ室内管の次期芸術監督に

  9. フィラデルフィア発 〓 フィラデルフィア管が「男性メンバーの燕尾服着用をやめる」

  10. ザルツブルク発 〓 ローランド・ビリャソン、芸術監督務める音楽祭「モーツァルト週間」との契約を延長

  11. マンチェスター発 〓 英国のハレ管弦楽団が新しい指揮者コンクール

  12. ウィーン発 〓 サマー・ナイト・コンサートの指揮はネゼ=セガン、ウィーン・フィル

  13. シュトゥットガルト発 〓 シュトゥットガルト州立オペラが2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  14. ストックホルム発 〓 トランペットの清水慶太郎がスウェーデン王立歌劇場の首席奏者に

  15. ウィーン発 〓 国立歌劇場、12月13日に《ドン・カルロ》で再開場

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。