ロンドン発 〓 「最も忙しい指揮者」はネルソンス、クラシック統計ランキングで

2020/01/14

英国を拠点にした音楽サイト「Bachtrack」が恒例の公演数を元にした年度ランキングを発表した。それによると、2019年の「最も忙しい指揮者」の第1位には、昨年に続いてアンドリス・ネルソンスが輝いた。132公演を指揮している。ネルソンスはラトビア出身の41歳。ボストン交響楽団の音楽監督、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団の首席指揮者を兼任、2020年のウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の「ニューイヤー・コンサート」を指揮している。

第2位はゲルギエフ。3位以下は、パーヴォ・ヤルヴィ、ヤクブ・フルシャ、ヤープ・ファン・ズヴェーデン、フランソワ=グザヴィエ・ロト、ヤニック・ネゼ=セガン、ヘルベルト・ブロムシュテット(御年92歳!)、ダニエル・ハーディング、セミヨン・ビシュコフの順。ダニエル・バレンボイムはゲルギエフと並んで数多く公演を指揮しているイメージが強いが、ベスト10には入っていない。

一方、「最も忙しいオーケストラ」の第1位は、常連で、ドイツのノルトライン=ヴェストファーレン州ヘルフォルトを本拠地とする北西ドイツ・フィルハーモニー管弦楽団。2位はベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、3位はボストン交響楽団で、昨年1位のロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団は4位。5位はシカゴ交響楽団で、6位にニューヨーク・フィルハーモニー管弦楽団とウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、8位にサンタ・チェチーリア国立アカデミー管弦楽団とウィーン交響楽団、10位にフィラデルフィア管弦楽団。

ピアニストに目を転じると、公演数でトップに立つのが、ユジャ・ワン。続いて、ヤン・リシエツキ、エマニュエル・アックス、ダニール・トリフォノフ、ルドルフ・ブッフビンダー、アンドラーシュ・シフ、デーネシュ・ヴァールヨン、昨年1位のイェフィム・ブロンフマンという結果。また、バイオリニストは、レオニダス・カヴァコス、ジョシュア・ベル、イザベル・ファウスト、ルノー・カプソン、オーガスティン・ハーデリッヒがベスト5。

オペラの上演ランキングは、モーツァルト《魔笛》、ヴェルディ《椿姫》、プッチーニ《蝶々夫人》、プッチーニ《ラ・ボエーム》、ビゼー《カルメン》、ヴェルディ《リゴレット》、プッチーニ《トスカ》、モーツァルト《ドン・ジョヴァンニ》、ロッシーニ《セビリアの理髪師》、モーツァルト《フィガロの結婚》がベスト10となっている。


写真:Boston Symphony Orchestra / Marco Borggreve


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. トリノ発 〓 リッカルド・ムーティがストリーミングのための《コジ・ファン・トゥッテ》を指揮してトリノ歌劇場にデビュー

  2. グラインドボーン音楽祭 〓 総監督のセバスチャン・シュワルツが辞任

  3. ウィーン発 〓 ウィーン・フィルが2024年の「ニューイヤー・コンサート」のプログラムを発表

  4. 東京発 〓 東京二期会が2024/2025シーズンの公演ラインナップを発表

  5. パリ発 〓 フランスの週刊風刺新聞が指揮者のフランソワ=グザヴィエ・ロトのセクハラ行為を告発

  6. ナント発 〓 大聖堂火災でボランティアの男、放火認める

  7. ベルリン発 〓 ドイツ・オペラが新シーズン、2024/2025シーズンの公演ラインナップを発表

  8. ルクセンブルク発 〓 ルクセンブルク市立大劇場が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  9. ポズナン発 〓 ヴィエニャフスキ国際ヴァイオリンコンクールは2022年にスライド

  10. シドニー発 〓 海辺のテラス・レストランに急降下するカモメ対策にパトロール犬

  11. ハンブルク発 〓 ハンブルク州立歌劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  12. ウィーン発 〓 国立歌劇場のストリーミング配信が新しいラインナップ

  13. モントリオール発 〓 テノールのジョセフ・カイザーが来年まで出演をキャンセル

  14. プラハ発 〓 チェコ・フィルが昨年秋以来初の“聴衆あり”コンサート

  15. ボーフム発 〓 ルール・トリエンナーレの芸術監督に演出家のイヴォ・ヴァン・ホーヴェ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。