ロンドン発 〓 「最も忙しい指揮者」はネルソンス、クラシック統計ランキングで

2020/01/14

英国を拠点にした音楽サイト「Bachtrack」が恒例の公演数を元にした年度ランキングを発表した。それによると、2019年の「最も忙しい指揮者」の第1位には、昨年に続いてアンドリス・ネルソンスが輝いた。132公演を指揮している。ネルソンスはラトビア出身の41歳。ボストン交響楽団の音楽監督、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団の首席指揮者を兼任、2020年のウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の「ニューイヤー・コンサート」を指揮している。

第2位はゲルギエフ。3位以下は、パーヴォ・ヤルヴィ、ヤクブ・フルシャ、ヤープ・ファン・ズヴェーデン、フランソワ=グザヴィエ・ロト、ヤニック・ネゼ=セガン、ヘルベルト・ブロムシュテット(御年92歳!)、ダニエル・ハーディング、セミヨン・ビシュコフの順。ダニエル・バレンボイムはゲルギエフと並んで数多く公演を指揮しているイメージが強いが、ベスト10には入っていない。

一方、「最も忙しいオーケストラ」の第1位は、常連で、ドイツのノルトライン=ヴェストファーレン州ヘルフォルトを本拠地とする北西ドイツ・フィルハーモニー管弦楽団。2位はベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、3位はボストン交響楽団で、昨年1位のロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団は4位。5位はシカゴ交響楽団で、6位にニューヨーク・フィルハーモニー管弦楽団とウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、8位にサンタ・チェチーリア国立アカデミー管弦楽団とウィーン交響楽団、10位にフィラデルフィア管弦楽団。

ピアニストに目を転じると、公演数でトップに立つのが、ユジャ・ワン。続いて、ヤン・リシエツキ、エマニュエル・アックス、ダニール・トリフォノフ、ルドルフ・ブッフビンダー、アンドラーシュ・シフ、デーネシュ・ヴァールヨン、昨年1位のイェフィム・ブロンフマンという結果。また、バイオリニストは、レオニダス・カヴァコス、ジョシュア・ベル、イザベル・ファウスト、ルノー・カプソン、オーガスティン・ハーデリッヒがベスト5。

オペラの上演ランキングは、モーツァルト《魔笛》、ヴェルディ《椿姫》、プッチーニ《蝶々夫人》、プッチーニ《ラ・ボエーム》、ビゼー《カルメン》、ヴェルディ《リゴレット》、プッチーニ《トスカ》、モーツァルト《ドン・ジョヴァンニ》、ロッシーニ《セビリアの理髪師》、モーツァルト《フィガロの結婚》がベスト10となっている。


写真:Boston Symphony Orchestra / Marco Borggreve


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ミュンヘン発 〓 バイエルン放送交響楽団の本拠地となる新たなホール建設へ

  2. アムステルダム発 〓 エド・デ・ワールトに改めて「副指揮者」の称号

  3. ウィーン発 〓 ティーレマン、2024年からスカラ座の《ニーベルングの指環》を指揮

  4. ベルゲン発 〓 ベルゲン・フィルが6月の中国、韓国ツアーをキャンセル

  5. ウィーン発 〓 国立歌劇場が新制作の《パルジファル》を18日にストリーミング

  6. ライプツィヒ発 〓 ゲヴァントハウス管弦楽団の「マーラー・フェスティバル」は2023年に仕切り直し

  7. リヨン発 〓 リヨン国立オペラがバレエ団の芸術監督ヨルゴス・ロウコスを解任

  8. 訃報 〓 クリスタ・ルートヴィヒ, ドイツのメゾ・ソプラノ歌手

  9. フィラデルフィア発 〓 ナタリー・シュトゥッツマンがフィラデルフィア管の首席客演指揮者に

  10. ロンドン発 〓 英国が興業チケットの付加価値税を20%から5%に引き下げ

  11. フォートワース発 〓 ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールが開催延期を発表

  12. ライプツィヒ発 〓 ゲヴァントハウス管が夏の音楽祭

  13. ライプツィヒ発 〓 ブロムシュテットがゲヴァントハウス管のコンサートをキャンセル、代役でスザンナ・マルッキがオーケストラ・デビュー

  14. モデナ発 〓 市立劇場が「パヴァロッティ & フレーニ劇場」に改名

  15. 東京発 〓 新日本フィルハーモニー交響楽団の次期音楽監督に佐渡裕

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。