オスロ発 〓 クラウス・マケラが3月、オスロ・フィルとのシベリウス全集でレコード・デビュー

2022/01/21

フィンランド期待の若手指揮者クラウス・マケラ(Klaus Mäkelä)のレコード・デビューが決まった。2020/2021シーズンから首席指揮者を務めるオスロ・フィルハーモニー管弦楽団を指揮したシベリウス全集で、3月のリリース。交響曲全曲と交響詩「タピオラ」などの組み合わせになる。

クラウス・マケラは1996年生まれの26歳。いま最も注目を集める若手指揮者で、著名オーケストラから引っ張りだこ。オスロ・フィルハーモニー管弦楽団の他、2022/2023シーズンからはダニエル・ハーディングの後を受けて、パリ管弦楽団の音楽監督に就任する。

マケラは昨年、クラシックの名門レーベル「デッカ」と専属契約を結んでいる。「デッカ」が指揮者と専属契約を結ぶのは、1978年にリッカルド・シャイー以来約40年ぶりとあって大きな話題となっていた。

写真:Oslo Philharmonic Orchestra


関連記事

  1. シカゴ発 〓 シカゴ交響楽団が夏のヨーロッパ・ツアーを中止

  2. パリ発 〓 パリ国立オペラもコロナ禍で公演が立て続けに上演中止に

  3. ローマ発 〓 ローマ歌劇場が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  4. ニコシア発 〓 ギュンター・ノイホルトがキプロス響の芸術監督に

  5. トロント発 〓 カナディアン・オペラ・カンパニーが2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  6. クリーブランド発 〓 米国のクリーブランド管が音楽監督のフランツ・ウェルザー=メストに率いられて8月末から9月上旬にかけてヨーロッパ・ツアー

  7. テルアビブ発 〓 イスラエル・フィルの弦楽セクションが若返り

  8. ベルリン発 〓 クリストフ・エッシェンバッハがベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団との契約を延長

  9. ポズナン発 〓 ヴィエニャフスキ国際ヴァイオリンコンクールは2022年にスライド

  10. ロンドン発 〓 イングリッシュ・ナショナル・オペラの芸術監督にアンニリース・ミスキモン

  11. ウィーン発 〓 国立歌劇場の字幕サービスに中国語とスペイン語

  12. ウィーン発 〓 ソプラノ歌手のリンダ・ワトソンに「宮廷歌手」の称号

  13. ロイトリンゲン発 〓 ヴュルテンベルク・フィルの首席指揮者にアリアーヌ・マティアク

  14. ミュンヘン発 〓 延長した任期が切れる2028年での退任を明言、バイエルン州立オペラの音楽総監督ウラディーミル・ユロフスキ

  15. ザルツブルク発 〓 復活祭音楽祭、2023年のオペラはカウフマン主演の《タンホイザー》。レジデント・オーケストラにアンドリス・ネルソンス率いるライプツィヒ・ゲヴァントハウス管

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。