オスロ発 〓 クラウス・マケラが3月、オスロ・フィルとのシベリウス全集でレコード・デビュー

2022/01/21

フィンランド期待の若手指揮者クラウス・マケラ(Klaus Mäkelä)のレコード・デビューが決まった。2020/2021シーズンから首席指揮者を務めるオスロ・フィルハーモニー管弦楽団を指揮したシベリウス全集で、3月のリリース。交響曲全曲と交響詩「タピオラ」などの組み合わせになる。

クラウス・マケラは1996年生まれの26歳。いま最も注目を集める若手指揮者で、著名オーケストラから引っ張りだこ。オスロ・フィルハーモニー管弦楽団の他、2022/2023シーズンからはダニエル・ハーディングの後を受けて、パリ管弦楽団の音楽監督に就任する。

マケラは昨年、クラシックの名門レーベル「デッカ」と専属契約を結んでいる。「デッカ」が指揮者と専属契約を結ぶのは、1978年にリッカルド・シャイー以来約40年ぶりとあって大きな話題となっていた。

写真:Oslo Philharmonic Orchestra


関連記事

  1. ドレスデン発 〓 ドレスデン・シュターツカペレが次期首席指揮者にダニエレ・ガッティを選択

  2. ロンドン発 〓 クラシック音楽雑誌「グラモフォン」が「アワード2020」を発表

  3. ストックホルム発 〓 アンナ・ネトレプコに「ポーラー音楽賞」

  4. ミュンヘン発 〓 ミュンヘン国際音楽コンクールのチェロ部門で佐藤晴真が優勝

  5. 訃報 〓 ケネス・ウーラム, 英国のテノール歌手

  6. マイアミ発 〓 マイアミ響が音楽監督のエドゥアルド・マルトゥレとの契約を延長

  7. サンディエゴ発 〓 サンディエゴ交響楽団の新しい本拠地「レイディ・シェル」がオープン

  8. ベルリン発 〓 ペトレンコが足の怪我を押して、ベルリン・フィルのシーズン開幕コンサートを指揮

  9. ベオグラード発 〓 準・メルクルの投稿、思わぬ波紋

  10. シュトゥットガルト発 〓 SWR交響楽団の次期首席指揮者兼芸術監督にフランソワ=グザヴィエ・ロト、クルレンツィスは退任へ

  11. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場が“Nightly Met Opera Streams”第7週のラインナップ発表

  12. 東京発 〓 第33回「高松宮殿下記念世界文化賞」、音楽部門はピアノのクリスチャン・ツィメルマン

  13. ロンドン発 〓 イングリッシュ・ナショナル・オペラが5年かけ、新しい《ニーベルングの指環》

  14. 上海発 〓 第3回「上海アイザック・スターン国際ヴァイオリン・コンクール」の本選はオンライン審査へ

  15. ヴェルビエ発 〓 ゲルギエフがヴェルビエ音楽祭オーケストラの音楽監督を辞任

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。