東京発 〓 新日本フィルが2024/2025シーズンの公演ラインナップを発表

2023/08/18

新日本フィルハーモニー交響楽団が17日、来年4月に幕を開ける2024/2025シーズンの公演ラインナップを発表した。音楽監督の佐渡裕(Yutaka Sado)にとっては2シーズン目で、定期演奏会を貫くテーマは前シーズンに引き続いての「Wien Line」。ハイドン、マーラー、ブルックナーらウィーンで活躍した作曲家の作品にスポット・ライトを当てる。

本拠地のすみだトリフォニーホールとサントリーホールで行っている定期演奏会は4月19日と20日のコンサートが幕開け。佐渡の指揮で、ベートーヴェンの交響曲第2番、これにソプラノの小林沙羅、メゾ・ソプラノの林美智子を迎えたメンデルスゾーンの劇音楽《夏の夜の夢》。

それを含めて、佐渡の定期演奏会登場は3回。9月にハイドンの交響曲第6番《朝》、ブルックナーの交響曲第7番、2025年1月にマーラーの交響曲第9番を振る。また、「すみだクラシックへの扉」シリーズで4月12日と13日、角野隼斗を迎えたチャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番と交響曲第5番を指揮する。

定期演奏会に登場する指揮陣は、佐渡に加えて小泉和裕、シャルル・デュトワ、井上道義、久石譲と多彩。「すみだクラシックへの扉」シリーズに大友直人、ヤデル・ビミャミーニ、上岡敏之、ジュリアン・ラクリン、太田弦という陣立て。

上岡はモーツァルトの後期交響曲(39番、40番、41番)を指揮、ラクリンは三浦文彰を迎えてメンデルスゾーンをヴァイオリン協奏曲とベートーヴェンの交響曲第7番を振り、バッハの2つのヴァイオリンのための協奏曲で三浦と共演する。井上のショスタコーヴィチは今回、交響曲第7番《レニングラード》。

写真:New Japan Philharmonic / K.Miura


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ロンドン発 〓 指揮者のウラディーミル・ユロフスキが大英帝国勲章ナイト・コマンダー章を受章

  2. ヘルシンキ発 〓 指揮者ハンヌ・リントゥに睡眠薬をめぐる疑惑?、フィンランド国営放送

  3. ルツェルン発 〓 アシュケナージが引退を表明

  4. バッファロー発 〓 ジョアン・ファレッタがバッファロー・フィルとの契約を延長

  5. ロンドン発 〓 アントニオ・パッパーノ、ロンドン交響楽団の首席指揮者へ

  6. 訃報 〓 カラン・アームストロング(79)米国のソプラノ歌手

  7. ドレスデン発 〓 名指揮者ケンペの遺品が古巣のザクセン州立歌劇場へ

  8. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場がネット上でスター歌手40人超えの特別ガラ・コンサート

  9. ベルリン発 〓 コンツェルトハウスで第3回「オーパス・クラシック」の授賞式

  10. ティラナ発 〓 ソプラノのエルモネラ・ヤオが母国アルバニアの子どもの権利擁護団体の大使に

  11. パリ発 〓 レジス・パスキエの愛器1736年製「グァルネリ・デル・ジェス」が競売に、推定落札価格は5億円超

  12. 青島発 〓 メニューイン音楽学校が青島に中国校

  13. ウイニペグ発 〓 ウイニペグ響が楽団員111人全員をレイオフ

  14. ハンブルク発 〓 ハンブルク交響楽団がマルタ・アルゲリッチとの公演をライブ配信

  15. ワルシャワ発 〓 第18回ショパン国際ピアノ・コンクールは来年開催へ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。