リオデジャネイロ発 〓 ネルソン・フレイレが腕を骨折、年内の公演をキャンセル

2019/11/01

ブラジルのピアニスト、ネルソン・フレイレ(Nelson Freire)が右の上腕骨を骨折し、演奏活動をしばらく休むことになった。ブラジルでの報道などによると、フレイレが骨折したのは30日。リオデジャネイロの西の郊外にあるバーハ・ダ・チジュッカ(Barra da Tijuca)地区を散歩中に石に躓いて転倒し、肩と肘をつなぐ腕の骨である上腕骨を骨折した。

フレイレはブラジルのボア・エスペランサ生まれの75歳。31日に手術を受けた後、骨が繋がるまでに少なくとも2ヶ月は必要で、演奏再開には半年から1年近くかかる見込みという。5日から始まるブラジル・ツアーをはじめ、取り敢えず年内いっぱいのキャンセルを発表した。

写真:Decca Records / Gregory Favre

関連記事

  1. リガ発 〓 エギルス・シリンスがラトビア国立オペラの総監督に

  2. サクラメント発 〓 ホログラムで再現されたマリア・カラスがオーケストラと共演

  3. 東京発 〓 NHK交響楽団がパーヴォ・ヤルヴィとの契約を延長

  4. ロサンゼルス発 〓 ドミンゴがロサンゼルス・オペラの総監督を辞任

  5. ウィーン発 〓 作曲家ジョン・ウィリアムズがついにウィーン・フィルを指揮

  6. プラハ発 〓 プラジャーク・クヮルテットが2021年に解散

  7. クリーブランド発 〓 フランツ・ウェルザー=メストがクリーブランド管との契約を延長

  8. モントリオール発 〓 テノールのジョセフ・カイザーが来年まで出演をキャンセル

  9. バルセロナ発 〓 スペインのカダケス管が活動を停止

  10. プラハ発 〓 チェコ・フィルハーモニー管弦楽団のコンサート・マスターに26歳の女性

  11. ウィーン発 〓 国立歌劇場の字幕サービスに中国語とスペイン語

  12. ロンドン発 〓 ロイヤル・オペラがグリゴーロに“黒判定”、メトロポリタン歌劇場も

  13. 北京発 〓 フィラデルフィア管が中国国際音楽コンクールのレジデント・オーケストラに

  14. ライプチヒ発 〓 中部ドイツ放送響の首席指揮者にデニス・ラッセル・デイヴィス

  15. ウィーン発 〓 カウフマンが「黄金の市庁舎の男」を受章

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。