ザルツブルク発 〓 ローランド・ビリャソン、芸術監督務める音楽祭「モーツァルト週間」との契約を延長

2022/10/07
【最終更新日】2022/11/24

ザルツブルクのモーツァルテウム財団がこのほど、音楽祭「モーツァルト週間」の芸術監督を務めるローランド・ビリャソン(Rolando Villazón)との契約を延長した。ビリャソンは2019年からその任にあり、今回の契約更改で任期は2028年まで延びる。

音楽祭は1956年の創設。作曲家ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの誕生日である1月27日を中心に毎年開催されている。2022年はコロナ禍で中止されたが、2023年は1月26日から2月5日の日程で行われる。

写真:Stiftung Mozarteum Salzburg / Wolfgang Lienbacher


  音楽祭情報はこちら ▷

  音楽祭から生まれた銘盤 ▷


関連記事

  1. ミュンヘン発 〓 ラハフ・シャニがミュンヘン・フィルの首席指揮者に

  2. 東京発 〓 指揮者の小林研一郎にハンガリーの最高位の勲章「大十字功労章」

  3. 訃報 〓 ピーター・ゼルキン(72)米国のピアニスト

  4. ロンドン発 〓 メゾ・ソプラノのサラ・コノリーに国王音楽勲章

  5. ヘルシンキ発 〓 シベリウス・コンクールがロシア人二人の参加を取消

  6. ベルリン発 〓 休養していたバレンボイム、ベルリン州立歌劇場の「平和のためのコンサート」で復帰。ウクライナへの連帯を共有

  7. ブレゲンツ音楽祭 〓 2024年と2025年のオペラはウェーバー《魔弾の射手》

  8. アムステルダム発 〓 オランダ放送フィルが首席指揮者のカリーナ・カネラキスとの契約を延長

  9. マドリード発 〓 州立管の次期芸術監督にアロンドラ・デ・ラ・パーラ

  10. ベルリン発 〓 ジョン・ウィリアムズ、2月で90歳。ベルリン・フィルとのライブ・アルバムのリリースあり、ケネディ・センターでは3日間のフェスティバルも

  11. ボン発 〓 ピアニストのマリア・ジョアン・ピレシュに2021年のベートーヴェン賞

  12. シカゴ発 〓 ムーティがシカゴ響との契約を延長、延長は1年

  13. ウィーン発 〓 オーストリアもロックダウン

  14. 訃報 〓 シュテファン・ショルテス(73)ハンガリー出身の指揮者

  15. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場がアイーダ・ガリフッリーナの出演をキャンセル

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。