ザルツブルク復活祭音楽祭 〓 10月開催も、ネトレプコの出演はかなわず

2021/05/09

ザルツブルク復活祭音楽祭(Salzburger Osterfestspiele)が仕切り直しのスケジュールを発表した。10月29日から11月1日の日程で行われる。ただ、アンナ・ネトレプコと夫君のユシフ・エイバゾフの出演がキャンセルされた。ウィーン国立歌劇場出演とスケジュールがバッティングするという。

音楽祭は元々4月の復活祭時期に行われる予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて開催が延期されていたもの。今年はプッチーニのオペラ《トゥーランドット》の上演が予定され、ネトレプコが出演することで話題を集めていた。

音楽祭では《トゥーランドット》に代え、10月31日にクリスティアン・ティーレマンが指揮する「冬の嵐」と名付けられたガラ・コンサートを行う。ワーグナー《ニーベルングの指環》の音楽を集めたもので、アニャ・カンペ、ステファン・グールド、ルネ・パーペが出演する。

写真:Salzburger Osterfestspiele


    もっと詳しく ▷

    音楽祭プロフィールはこちら ▷


関連記事

  1. ロングボロー発 〓 ロングボロー・フェスティバル・オペラが2022年の公演ラインアップを発表

  2. ヴェローナ音楽祭 〓 リッカルド・ムーティが2021年の音楽祭に登場

  3. ウィーン発 〓 2020年の「ニューイヤー・コンサート」のプログラム発表

  4. ウィーン発 〓 国立歌劇場が2月第3週のストリーミング配信のラインナップを発表、新制作の《カルメン》も

  5. グラフェネック音楽祭 〓 開幕コンサートの指揮台に佐渡裕、幕開けは細川俊夫の新作ファンファーレ、ヴェルディのレクイエムは急きょ“合唱なし”

  6. ラヴィニア音楽祭 〓 マリン・オールソップが音楽祭の首席指揮者に就任

  7. グラインドボーン音楽祭 〓 2021年の公演ラインナップを発表

  8. グラフェネック発 〓 乗馬学校を「ルドルフ・ブッフビンダー・ホール」に改修、グラフェネック音楽祭に第3のホール

  9. ウィーン発 〓 楽友協会が6月から再開、ウィーン・フィルのコンサートも

  10. ザルツブルク発 〓 夏の音楽祭が“縮小版”プログラムを発表

  11. グラーツ発 〓 ローランド・クルティヒがグラーツ歌劇場の音楽総監督退任へ

  12. ウィーン発 〓 ウィーン放送響が首席指揮者のマリン・オールソップとの契約を延長

  13. ザルツブルク・モーツァルト週間 〓 ロバート・ウィルソン演出の《メサイア》で2020年の音楽祭が開幕

  14. ウィーン発 〓 国立歌劇場が管弦楽団の首席チェロ奏者を解任

  15. ウィーン発 〓 国立歌劇場が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。