ザルツブルク発 〓 聖霊降臨祭音楽祭が開催中止を発表

2020/04/07

ザルツブルク聖霊降臨祭音楽祭(Salzburger Pfingstfestspiele)の中止が決まった。今年は5月29日から6月1日の日程で行われる予定だった。音楽祭が6日に発表した。

決定は新型コロナウイルスの感染拡大対策に対する政府の決定に従ったもの。オーストリアでは、クルツ首相が6日、正常化に向けたタイムテーブルを発表している。

それによると、個人経営のような小さな店舗の再開が4月14日から認められる。続いて、5月1日から美容院などの再開が認められ、5月中旬にはレストランやカフェなどの再開が認められる。一方、大規模なイベントなどの開催は6月末まで認められない。

ザルツブルク音楽祭の聖霊降臨祭は1972年、指揮者のヘルベルト・フォン・カラヤンによって創設されたもの。メゾ・ソプラノ歌手のチェチーリア・バルトリ(Cecilia Bartoli)が2012年から芸術監督を務めている。今年は新演出の《ドン・パスクワーレ》が上演され、バルトリやハヴィエル・カマレナなどの出演が予定されていた。

写真:Salzburger Festspiele / Julia Stix


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ロッテルダム発 〓 音楽メッセ「クラシカル・ネクスト」が中止を発表

  2. テルアビブ発 〓 イスラエル室内管が首席指揮者兼芸術監督にアルメニア出身の指揮者ルーベン・ガザリアン

  3. マドリッド発 〓 「オペラ・アワード」が2022年の年間賞を発表

  4. フィラデルフィア発 〓 ヤニック・ネゼ=セガンがフィラデルフィア管と契約更改、任期を2030年まで延長

  5. マンハイム発 〓 マンハイム国民劇場が新制作の《さまよえるオランダ人》をストリーミング配信

  6. ミラノ発 〓 スカラ座が音楽監督のリッカルド・シャイーとの契約を延長

  7. オスロ発 〓 オスロ・フィルがラウス・マケラとの契約を更新、首席指揮者就任前の異例の延長

  8. ウィーン発 〓 フルートのカレッドゥ、ウィーン・フィルの依頼を快諾

  9. ノボシビルスク発 〓 ネトレプコのロシアでの公演中止へ、戦争批判声明への“報復”か?

  10. デュッセルドルフ発 〓 シューマンの旧居の改修工事始まる、博物館としてリニューアル

  11. ボーフム発 〓 ルール・トリエンナーレも中止を発表

  12. プラハ発 〓 ラトルがチェコ・フィルの首席客演指揮者に

  13. ハノーファー発 〓 州立劇場が2024/2025シーズンの公演ラインナップを発表、第2カペルマイスターの熊倉優が新制作の2作品を指揮

  14. ブッパータール発 〓 市の音楽総監督に25歳のパトリック・ハーン

  15. グラスゴー発 〓 エメリャニチェフがスコットランド室内管との契約を延長

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。