ニューヨーク発 〓 映画『The Song of Names』、北米での公開始まる

2019/12/25
【最終更新日】2019/12/26

『海の上のピアニスト』のティム・ロス、『クローサー』のクライヴ・オーウェンが共演し、失踪したヴァイオリニストを主人公にした映画『The Song of Names』が25日から北米で公開された。カナダとハンガリーの合作映画で、原作は英国のクラシック音楽研究家兼作家のノーマン・レブレヒトによる同名小説。監督は『レッド・バイオリン』や『シルク』を手掛けたフランソワ・ジラール。

物語は1951年、ポーランド出身の天才バイオリニストとして話題を集めるドヴィドル・ラポポートがデビュー公演に姿を見せなかったことから始まる。親友で兄弟のように育ったマーティン・シモンズは劇場で大きなショックを受ける。その35年後、音楽コンクールの審査員を務めていた彼は、ドヴィドルを彷彿とさせる演奏と出会い、改めてその行方を探し始める。二人が出会った1930年代とマーティンがドヴィドルを探す1980年代を行き来しながら、二つの大陸を跨ぐ50年にわたる友情が描かれる。

音楽は『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズや『セブン』の作曲で知られるハワード・ショア。ヴァイオリンの演奏はレイ・チェン(Ray Chen)が担当した。チェンは1989年、台湾・台北の生まれ。幼くしてオーストラリア・ブリスベンに移住、4歳でヴァイオリンを始め、2004年から米国カーティス音楽院でアーロン・ローザンドに師事。2009年のエリザベート王妃国際音楽コンクールで優勝している。日本音楽財団所から貸与された1715年製ストラディバリウス「ヨアヒム」を使用している。

写真:Toronto Film Festival






関連記事

  1. 東京発 〓 新日本フィルが2020/2021シーズンのラインナップを発表

  2. サンタフェ発 〓 テノールのローランド・ビリャソンが《オルフェオ》の初日を降板、リハーサルで背中痛め

  3. ノールショピング発 〓 ノールショピング交響楽団の首席指揮者兼芸術顧問にカール・ハインツ・シュテフェンス

  4. ロンドン発 〓 ロイヤル・オペラがグリゴーロに“黒判定”、メトロポリタン歌劇場も

  5. 訃報 〓 ロバート・ヘイル(90)米国のバス・バリトン歌手

  6. ミネアポリス発 〓 ミネソタ管の次期音楽監督にトーマス・ソンダーガード

  7. 訃報 〓 ネッド・ローレム(99)米国の作曲家

  8. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場がアイーダ・ガリフッリーナの出演をキャンセル

  9. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場が2019/2020シーズンの残りの公演をすべてキャンセル

  10. ロサンゼルス発 〓 第92回アカデミー賞作曲賞、ノミネート作品を発表

  11. ロサンゼルス発 〓 第92回「アカデミー賞」の作曲賞に『ジョーカー』のヒドゥル・グドナドッティル

  12. 訃報 〓 マイケル・トゥリー(84)米国のヴィオラ奏者

  13. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場がラインナップ発表、“Nightly Met Opera Streams”の第13週、第14週

  14. カンザスシティ発 〓 カンザスシティ響の首席指揮者にマティアス・ピンチャー

  15. 訃報 〓 リン・ハレル(76)米国のチェロ奏者

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。