フィレンツェ発 〓 ペレイラがフィレンツェ歌劇場の総裁に

2019/08/29
【最終更新日】2019/10/17

フィレンツェ歌劇場(Teatro del Maggio Musicale Fiorentino)の総裁に、ミラノ・スカラ座の総裁を退任することが決まっているアレキサンダー・ペレイラ(Alexander Pereira)が就任することになった。フィレンツェ歌劇場は先月、クリスティアーノ・キアロット(Cristiano Chiarot)が辞任、総裁ポストは空席になっている。

ペレイラのスカラ座の任期は2021年6月まで残っているが、後任にウィーン国立歌劇場の総裁を務めてきたドミニク・マイヤー(Dominique Meyer)が就任することが決まっている。マイヤーはウィーン退任直後の2020年から仕事をスタートさせることになっており、ペレイラは任期が切れる前に退任して、フィレンツェですぐに仕事に取り掛かることになるという。

写真:Teatro alla Scala


関連記事

  1. 京都発 〓 京都市響の第14代常任指揮者に沖澤のどか

  2. モンテカルロ発 〓 モンテカルロ歌劇場が《マノン・レスコー》の公演で、マリア・アグレスタの代役にアンナ・ネトレプコを起用

  3. 訃報 〓 アガ・ミコライ(51)ポーランドのソプラノ歌手

  4. 訃報 〓 ヤン・クレンツ(96)ポーランドの指揮者・作曲家

  5. アムステルダム発 〓 オランダのホール、また閉鎖

  6. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立オペラの新制作《ピーター・グライムズ》、新型コロナで初日を3月6日に延期

  7. ベルリン発 〓 州立オペラが2023/2024シーズンの公演ラインナップを発表、バレンボイムの後任は発表されず

  8. ロンドン発 〓 ヴァイオリンのコリーヌ・シャペユがクラウド・ファウンディングによる支援を呼びかけ、自身のがん治療で

  9. 訃報 〓 エリオ・ボンコンパーニ(86)イタリアの指揮者

  10. ドルトムント発 〓 市立オペラがガブリエル・フェルツとの契約を延長

  11. ペーザロ発 〓 ロッシーニ・オペラ・フェスティバルが2023年の公演ラインナップを発表

  12. ロンドン発 〓 ロイヤル・オペラ・ハウスが夏のボリショイ劇場バレエ団ロンドン公演をキャンセル

  13. シドニー発 〓 オペラハウスが5日に《メリー・ウィドウ》で再開場

  14. アムステルダム発 〓 ロイヤル・コンセルトヘボウ管の第8代首席指揮者にクラウス・マケラ

  15. トゥールーズ発 〓 キャピトル劇場が新シーズン、2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。