フィレンツェ発 〓 ペレイラがフィレンツェ歌劇場の総裁に

2019/08/29

フィレンツェ歌劇場(Teatro del Maggio Musicale Fiorentino)の総裁に、ミラノ・スカラ座の総裁を退任することが決まっているアレキサンダー・ペレイラ(Alexander Pereira)が就任することになった。フィレンツェ歌劇場は先月、クリスティアーノ・キアロット(Cristiano Chiarot)が辞任、総裁ポストは空席になっている。

ペレイラのスカラ座の任期は2021年6月まで残っているが、後任にウィーン国立歌劇場の総裁を務めてきたドミニク・マイヤー(Dominique Meyer)が就任することが決まっている。マイヤーはウィーン退任直後の2020年から仕事をスタートさせることになっており、ペレイラは任期が切れる前に退任して、フィレンツェですぐに仕事に取り掛かることになるという。

写真:Teatro alla Scala


関連記事

  1. 東京発 〓 ロイヤル・オペラ、日本ツアーの詳細決まる

  2. 香港発 〓 イップ・ウィンシーが香港シンフォニエッタを卒業!?

  3. ローマ発 〓 ローマ歌劇場が2018/2019シーズンのラインナップを発表

  4. ニューヨーク発 〓 ドローラ・ザジックが引退を表明

  5. ベルリン発 〓 メータ、ベルリン・フィルの名誉会員に

  6. ハンブルク発 〓 新しい「アルゲリッチ音楽祭」でデュトワはドイツに復帰

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。