クアラルンプール発 〓 マレーシア・フィルの音楽監督に準・メルクル

2020/12/22
【最終更新日】2020/12/27

マレーシア・フィルハーモニー管弦楽団(Malaysian Philharmonic Orchestra)が音楽監督に準・メルクル(Jun Märkl)を迎えると発表した。ブラジルの指揮者ファビオ・メケッティの後任で、5代目の“シェフ”。任期は2021/2022シーズンから。メルクルは2021/2022シーズンから、台北を本拠地とする台湾の国家交響楽団の芸術顧問に就任することが決まっている。

マレーシア・フィルは1997年の創設。初代首席指揮者にケース・バケルスを招き、105人のメンバーを25カ国から集めた多国籍オケオーケストラで、1998年に旗揚げ公演を行った。本拠地は首都クアラルンプールのランドマーク、ペトロナス・ツインタワー内にあるペトロナス・フィルハーモニック・ホール。

メルクルはミュンヘン生まれの61歳。ドイツ人の父と日本人の母を持ち、ハノーファー音楽院でヴァイオリン、ピアノ、指揮を学び、その後、セルジュ・チェリビダッケに師事。また、小澤征爾の下で研鑽を積んだ。1991年に若くしてザールラント州立劇場の音楽総監督に就任して話題を呼んだ(-1994)。

その後、マンハイム国民劇場(1994-2000)、リヨン国立管弦楽団(2005-2011)、MDR交響楽団(2007-2012)の音楽監督、首席指揮者を歴任。常任のポストに就くのは、スペインのバスク国立管弦楽団(旧:エウスカディ管弦楽団)の音楽監督を退いて以来。

写真:Malaysian Philharmonic Orchestra


関連記事

  1. ウィーン発 〓 国立歌劇場の「オーパンバル」にアイーダ・ガリフッリーナとピョートル・ベチャワが出演

  2. チューリッヒ発 〓 ヴァイオリニストのダニエル・ホープがチューリッヒ室内管との契約を延長

  3. バンクーバー発 〓 オットー・タウスクがバンクーバー響との契約を延長

  4. 別府発 〓 第22回のアルゲリッチ音楽祭は来年にそのまま延期

  5. ドレスデン発 〓 ザクセン州立歌劇場が2020/2021シーズンの公演をキャンセル

  6. カーディフ発 〓 BBCウェールズ・ナショナル管の次期首席指揮者にライアン・バンクロフト

  7. ローマ発 〓 パッパーノの後任にガッティが急浮上、サンタ・チェチーリア国立アカデミー管弦楽団

  8. ローマ発 〓 ローマ歌劇場の次期音楽監督にミケーレ・マリオッティ

  9. ジュネーブ発 〓 ジュネーブ大劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  10. デトロイト発 〓 演出家のユヴァル・シャロンがミシガン・オペラ・シアターの芸術監督に

  11. ミンスク発 〓 ベラルーシ国立オペラ管のコンサートマスターたちを反大統領派として解雇

  12. ワシントン発 〓 ナショナル響がロンドン響のレーベル「LSO Live」からアルバムをリリース

  13. ニューヨーク発 〓 浮かび上がってきたメトロポリタン歌劇場の次期シーズン

  14. パリ発 〓 フランス国立管弦楽団のソロ・フルート奏者にシルビア・カレッドゥ

  15. パリ発 〓 グスターボ・ドゥダメルがパリ国立オペラの音楽監督に

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。