クアラルンプール発 〓 マレーシア・フィルの音楽監督に準・メルクル

2020/12/22
【最終更新日】2020/12/27

マレーシア・フィルハーモニー管弦楽団(Malaysian Philharmonic Orchestra)が音楽監督に準・メルクル(Jun Märkl)を迎えると発表した。ブラジルの指揮者ファビオ・メケッティの後任で、5代目の“シェフ”。任期は2021/2022シーズンから。メルクルは2021/2022シーズンから、台北を本拠地とする台湾の国家交響楽団の芸術顧問に就任することが決まっている。

マレーシア・フィルは1997年の創設。初代首席指揮者にケース・バケルスを招き、105人のメンバーを25カ国から集めた多国籍オケオーケストラで、1998年に旗揚げ公演を行った。本拠地は首都クアラルンプールのランドマーク、ペトロナス・ツインタワー内にあるペトロナス・フィルハーモニック・ホール。

メルクルはミュンヘン生まれの61歳。ドイツ人の父と日本人の母を持ち、ハノーファー音楽院でヴァイオリン、ピアノ、指揮を学び、その後、セルジュ・チェリビダッケに師事。また、小澤征爾の下で研鑽を積んだ。1991年に若くしてザールラント州立劇場の音楽総監督に就任して話題を呼んだ(-1994)。

その後、マンハイム国民劇場(1994-2000)、リヨン国立管弦楽団(2005-2011)、MDR交響楽団(2007-2012)の音楽監督、首席指揮者を歴任。常任のポストに就くのは、スペインのバスク国立管弦楽団(旧:エウスカディ管弦楽団)の音楽監督を退いて以来。

写真:Malaysian Philharmonic Orchestra


関連記事

  1. アムステルダム発 〓 オランダ国立オペラ・バレエがツェムリンスキー《こびと》をライブ・ストリーム

  2. ウィーン発 〓 国立歌劇場が新作の《カルメン》のストリーミング配信へ、カストロノーヴォの代役にベチャワ、ラチヴェリシュヴィリは現場復帰

  3. ベルリン発 〓 州立歌劇場が新制作の《西部の娘》をライブ・ストリーミング

  4. ローザンヌ発 〓 ヴァイオリニストのルノー・カプソンがローザンヌ室内管の次期芸術監督に

  5. ミラノ発 〓 スカラ座が2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

  6. 訃報 〓 イーゴリ・オイストラフ, ウクライナのヴァイオリニスト

  7. ケムニッツ発 〓 ギレルモ・ガルシア・カルヴォが市立劇場との契約を延長

  8. シュタイアー発 〓 「オーストリア音楽劇場賞」の最優秀指揮者にフランツ・ウェルザー=メスト

  9. ブダペスト発 〓 ハンガリー国立オペラが新制作の《ドン・カルロ》をストリーミング配信

  10. 訃報 〓 レイモンド・レッパード, 英国の指揮者

  11. ウィーン発 〓 国立歌劇場が2022年の「オーパンバル」開催を憂慮、新型コロナウイルスの感染再拡大受けて

  12. ビリニュス発 〓 ヴァイオリンのヤッシャ・ハイフェッツ・コンクールで、スペインのハビエル・コメサーニャが優勝

  13. フィレンツェ発 〓 フィレンツェ歌劇場が新制作の《リゴレット》をライブ・ストリーミング、ヌッチ、カマレナ出演

  14. ロサンゼルス発 〓 夏の風物詩「ハリウッドボウル」も開催中止

  15. リッチモンド発 〓 メニューイン国際ヴァイオリン・コンクールでマリア・ドゥエニャスが優勝

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。