ノヴァーラ発 〓 名門「グイード・カンテルリ国際指揮者コンクール」が復活

2020/03/08
【最終更新日】2020/03/10

イタリアの「グイード・カンテルリ国際指揮者コンクール」が復活することになった。イタリアの名指揮者を記念するコンクールは1980年の第10回を最後に終了していたが、カンテルリの生誕100年を記念して、彼の故郷ノヴァーラでこの9月、「11回目のコンクール」として開催される。

カンテルリは1920年生まれの、イタリアの戦後第1世代の指揮者。ミラノ音楽院在学中からその才能が注目を集め、兵役後、1945年にはスカラ座管弦楽団を初めて指揮している。その後、巨匠アルトゥーロ・トスカニーニの目に留まり、1949年1月には渡米してNBC交響楽団を指揮して米国にもデビューした。

1953年にはザルツブルク音楽祭にデビュー。モーツァルト生誕200年に当たる1956年の音楽祭では《コジ・ファン・トゥッテ》を指揮。その直後、36歳の若さで、ヴィクトル・デ・サーバタの後任としてスカラ座の音楽監督に指名された。しかし、それから約1週間後、ニューヨークに向かうためにパリで乗った航空機が離陸に失敗して帰らぬ人となった。

コンクールは1963年、若手指揮者発掘をめざして創設。ミラノ・スカラ座が主体となって行われ、第1回のエリアフ・インバル以下、リッカルド・ムーティ、井上道義、アダム・フィッシャー、ユベール・スダーン、ローター・ツァグロセクといった指揮者を世に送り出した。

今回のコンクールは18歳から35歳までが対象。9月9日から12日にかけてトリノで王立歌劇場管弦楽団を指揮、13日にノヴァーラのコッチャ劇場(Teatro Coccia) で最終選考が行われる。審査委員長は1980年の第10回のコンクールで優勝したドナート・レンゼッティ(Donato Renzetti)。

写真:Guido Cantelli International Conducting Competition


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. バーミンガム発 〓 ミルガ・グラジニーテ=ティーラがバーミンガム市響を退任

  2. 金沢発 〓 広上淳一、オーケストラ・アンサンブル金沢のアーティスティック・リーダーに

  3. クリーブランド発 〓 空席のコンサートマスターのポジションめぐり、クリーブランド管弦楽団がオーディション

  4. ベルリン発 〓 ムターがフェイスブック上で新型コロナウイルスの陽性反応が出たことを明らかに

  5. ノイシュトレリッツ発 〓 ノイブランデンブルク・フィルの新しい音楽監督にダニエル・ガイス

  6. ベルリン発 〓 ダニエル・スタブラヴァの退団を発表、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

  7. ハンブルク発 〓 NDRエルプフィルが首席指揮者のアラン・ギルバートとの契約を延長

  8. パリ発 〓 テノールのアラーニャが「レジオンドヌール勲章」を受章

  9. ウィーン発 〓 ウィーン・フィルが公開書簡でメトロポリタン歌劇場経営陣に苦言

  10. ニューヨーク発 〓 ルネ・フレミングがメトロポリタン歌劇場の新作オペラに

  11. ヴェネチア発 〓 フェニーチェ劇場が新しいストリーミング配信のスケジュール

  12. ヘルシンキ発 〓 フィンランド国立オペラが新制作の《トゥーランドット》のストリーミング配信を開始

  13. モスクワ発 〓 パヴェル・コーガンがモスクワ国立響の芸術監督と首席指揮者を辞任、ウクライナ侵略受けて

  14. トリエステ発 〓 トリエステ歌劇場が2023/2024シーズンの公演ラインナップを発表

  15. ブカレスト発 〓 国立歌劇場が新シーズンの開幕を延期、新型コロナウイルスの感染急拡大で

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。