ノヴァーラ発 〓 名門「グイード・カンテルリ国際指揮者コンクール」が復活

2020/03/08
【最終更新日】2020/03/10

イタリアの「グイード・カンテルリ国際指揮者コンクール」が復活することになった。イタリアの名指揮者を記念するコンクールは1980年の第10回を最後に終了していたが、カンテルリの生誕100年を記念して、彼の故郷ノヴァーラでこの9月、「11回目のコンクール」として開催される。

カンテルリは1920年生まれの、イタリアの戦後第1世代の指揮者。ミラノ音楽院在学中からその才能が注目を集め、兵役後、1945年にはスカラ座管弦楽団を初めて指揮している。その後、巨匠アルトゥーロ・トスカニーニの目に留まり、1949年1月には渡米してNBC交響楽団を指揮して米国にもデビューした。

1953年にはザルツブルク音楽祭にデビュー。モーツァルト生誕200年に当たる1956年の音楽祭では《コジ・ファン・トゥッテ》を指揮。その直後、36歳の若さで、ヴィクトル・デ・サーバタの後任としてスカラ座の音楽監督に指名された。しかし、それから約1週間後、ニューヨークに向かうためにパリで乗った航空機が離陸に失敗して帰らぬ人となった。

コンクールは1963年、若手指揮者発掘をめざして創設。ミラノ・スカラ座が主体となって行われ、第1回のエリアフ・インバル以下、リッカルド・ムーティ、井上道義、アダム・フィッシャー、ユベール・スダーン、ローター・ツァグロセクといった指揮者を世に送り出した。

今回のコンクールは18歳から35歳までが対象。9月9日から12日にかけてトリノで王立歌劇場管弦楽団を指揮、13日にノヴァーラのコッチャ劇場(Teatro Coccia) で最終選考が行われる。審査委員長は1980年の第10回のコンクールで優勝したドナート・レンゼッティ(Donato Renzetti)。

写真:Guido Cantelli International Conducting Competition


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. パリ発 〓 フランスの夏の音楽祭も相次いで中止を発表

  2. パリ発 〓 アラーニャが途中降板、パリ国立オペラの《ドン・カルロ》の公演で

  3. 訃報 〓 ビリー・ゴールデンバーグ, 米国の作曲家

  4. パリ発 〓 フランスでも新型コロナウイルス禍広がる、文化大臣も感染

  5. ウィーン発 〓 楽友協会が6月から再開、ウィーン・フィルのコンサートも

  6. ロンドン発 〓 ランキング2018、オペラの一番人気は《椿姫》

  7. ウィーン発 〓 国立歌劇場が5月のストリーミング配信ラインナップを発表

  8. 東京発 〓 指揮者の小林研一郎にハンガリーの最高位の勲章「大十字功労章」

  9. 訃報 〓 クラウディオ・カヴィーナ, イタリアの指揮者・カウンターテナー

  10. ブラティスラバ発 〓 スロヴァキア放送響激震、レナルトが復帰

  11. トリノ発 〓 RAI国立交響楽団がスペイン・ツアーを中止

  12. バニング発 〓 アナログ・レコード人気に打撃、ラッカー盤製造メーカーの工場が全焼

  13. アムステルダム発 〓 首席指揮者不在のロイヤル・コンセルトヘボウ管で楽団員が投票

  14. 訃報 〓 アントン・コッポラ, 米国の指揮者・作曲家

  15. ロンドン発 〓 作曲家のジョナサン・ゴールドスタイン夫妻が自家用機で衝突死

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。