広島発 〓 広島響の次期音楽監督にクリスティアン・アルミンク

2022/12/15

広島交響楽団(Hiroshima Symphony Orchestra)が次期音楽監督にオーストリア出身の指揮者で、新日本フィルハーモニー交響楽団元音楽監督クリスティアン・アルミンク(Christian Arming)を迎えると発表した。2017年からその任にある下野竜也の後任で、任期は2024年4月から5年間。退任後の下野は桂冠指揮者に就任するという。

アルミンクは1971年、ウィーン生まれの51歳。ウィーン国立音楽・演劇大学でカール・エスターライヒャーとレオポルト・ハーガーに指揮を学び、1994年から本格的に指揮活動を開始した。

24歳だった1996年、チェコのヤナーチェク・フィルハーモニー管弦楽団と初共演。その後すぐに首席指揮者に迎えられ、2001/2002シーズンまで務めた。その後、2001年から2004年にかけてスイスのルツェルン歌劇場の音楽監督(=ルツェルン交響楽団首席指揮者)を務めた。

2003年、32歳で新日本フィルハーモニー交響楽団の音楽監督に就任。意欲的なプログラミング編成で話題を集め、2006年の《火刑台上のジャンヌ・ダルク》は第3回「三菱信託音楽賞奨励賞」を受賞している。

新日本フィルハーモニー交響楽団は2013年で退任、その後はベルギーのリエージュ・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督(2011-2015)を務めた。広島交響楽団には2014年8月に初めて客演、広島市で行われた「平和の夕べ」コンサートを指揮している。

写真:Orchestre Philharmonique Royal de Liège


  もっと詳しく ▷


関連記事

  1. 訃報 〓 ネルソン・フレイレ(77)ブラジルのピアニスト

  2. ウィーン発 〓 国立歌劇場が新シーズン、2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

  3. マルセイユ発 〓 市立歌劇場が新制作の《トスカ》をストリーミング配信

  4. ベルリン発 〓 ウラディーミル・ユロフスキがベルリン放送響の演奏会でウクライナ国歌を演奏、連帯のメッセージ送る

  5. 東京発 〓 N響が2024/2025シーズンの定期演奏会の公演ラインナップを発表

  6. マドリッド発 〓 フランシスコ・アライサがソフィア王妃高等音楽院の声楽研究部門のトップに

  7. パリ発 〓 パリ国立オペラが2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  8. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場が公演継続のメッセージ

  9. ローマ発 〓 イタリア全土で劇場また閉鎖

  10. ロンドン発 〓 オペラ・フェスティバル「ガーシントン・オペラ」が2021年上演の《薔薇の騎士》をストリーミング配信

  11. ブエノスアイレス発 〓 テアトロ・コロンが2024年の公演ラインナップを発表

  12. ロサンゼルス発 〓 ジェームズ・コンロンがロサンゼルス・オペラの音楽監督を退任、契約が終わる2025/2026シーズンをもって

  13. ロンドン発 〓 クラシック音楽雑誌「グラモフォン」が年度賞「グラモフォン・アワード」を発表

  14. ベルリン発 〓 ベルリン・ドイツ・オペラが《ヘリアーネの奇跡》の再演を急きょ中止、テノール歌手の体調不良で

  15. リンツ発 〓 マルクス・ポシュナーがブルックナー管の首席指揮者を2026/2027シーズンで退任

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。