リヴィウ発 〓 指揮者オクサーナ・リーニフが結婚

2021/11/07

ウクライナの指揮者オクサーナ・リーニフ(Oksana Lyniv)が11月6日、リヴィウで結婚式を挙げた。自ら写真をSNSに投稿した。お相手はウクライナ出身のヴァイオリニストで、「オデッサ国際ヴァイオリン・コンクール」を創設、現在は芸術監督を務めるアンドリー・ムルザ。

リーニフはブロードィ生まれの43歳。2021年のバイロイト音楽祭では《さまよえるオランダ人》を指揮、音楽祭史上初の女性指揮者となった後、2021/2022シーズンンからイタリアのボローニャ市立歌劇場の音楽監督を務めている。

夫君のムルザはオデッサ国立音楽アカデミーのメンバーで、国際コンクールの審査員のかたわら、デュッセルドルフ交響楽団のヴァイオリン奏者も務めており、夫妻はデュッセルドルフを拠点にしている。

写真:Oksana Lyniv

リーニフ結婚

関連記事

  1. ライプツィヒ発 〓 ゲヴァントハウス管が夏の音楽祭

  2. ミュンヘン発 〓 ソプラノのディアナ・ダムラウに「ドイツ連邦共和国功労勲章功労十字小綬章」

  3. ロンドン発 〓 クラシック音楽雑誌「グラモフォン」が年度賞「グラモフォン・アワード」を発表

  4. ロンドン発 〓 英国の音楽雑誌「BBCミュージック・マガジン」が年次賞を発表

  5. ドレスデン発 〓 名指揮者ケンペの遺品が古巣のザクセン州立歌劇場へ

  6. フィレンツェ発 〓 フィレンツェ歌劇場が新制作の《リゴレット》をライブ・ストリーミング、ヌッチ、カマレナ出演

  7. ブリュッセル発 〓 ベルギー国立管の首席客演指揮者にスペインのロベルト・ゴンザレス=モンハス

  8. ドレスデン発 〓 ザクセン州政府がティーレマンと契約延長せず、シュターツカペレ・ドレスデンの首席指揮者は2024年まで

  9. ウィーン発 〓 ウィーン・フィルが2022年の「ニューイヤー・コンサート」プログラムを発表

  10. レイクシティ発 〓 パイプオルガン大手ドブソン本社が全焼

  11. ミュンヘン発 〓 8月末からのミュンヘン国際音楽コンクールも中止

  12. ザルツブルク発 〓 夏の音楽祭はプログラムを組み直して開催を模索

  13. オスロ発 〓 ノルウェー放送管の次期首席指揮者にペトル・ポペルカ

  14. ウィーン発 〓 国立歌劇場が2月第3週のストリーミング配信のラインナップを発表、新制作の《カルメン》も

  15. 東京発 〓 久石譲が新作交響曲を自ら世界初演、創立50周年を迎える新日本フィルの2021/2022シーズンのオープニング・コンサートで

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。