フランクフルト発 〓 エベーヌ四重奏団に「フランクフルト音楽賞」2019

2018/11/29

「フランクフルト音楽賞」2019がフランスのエベーヌ四重奏団(Quatuor Ébène)に贈られることが発表された。音楽賞は1982年、欧州地域で最大規模の楽器見本市「Musikmesse=ミュージックメッセ」の一環として創設されたもの。第1回の受賞者はギドン・クレーメルで、受賞者がいなかった2002年を除き、どの年も蒼々たる音楽家が受賞している。弦楽四重奏団が受賞するのは初めて。賞と賞金15,000ユーロは2019年4月5日、「Musikmesse」の中で授与される。

エベーヌ四重奏団は1999年、ブローニュ=ビヤンクール地方音楽院に在学していた4人の学生によって結成された弦楽四重奏団。パリでイザイ弦楽四重奏団に学んだ他、ガボール・タカーチ、エバーハルト・フェルツ、ジェルジ・クルタークら下で研鑽を積んだ。2004年のミュンヘン国際音楽コンクール(Internationaler Musikwettbewerb der ARD)で優勝、合わせて5つの特別賞を受賞したことで一躍注目を集めた。

また、2005年にはフォルベルグ・シュナイダー財団が主宰する「ベルモント賞」を受賞。受賞に合わせ、財団から個人所有の貴重なイタリア製の楽器がメンバーに貸与されている。2度の「エコー・クラシック賞」など、受賞多数。メンバーはピエール・コロンベ(第1ヴァイオリン)、ガブリエル・ル・マガデュール(第2ヴァイオリン)、ラファエル・メルラン(チェロ)は創設メンバーで、ヴィオラはマチュー・ヘルツォクからアドリアン・ボワソーを経て、現在のマリー・シレムに代わっている。

写真:https://www.facebook.com/QuatuorEbene/


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ミュンヘン発 〓 イヴァン・レプシッチがミュンヘン放送管との契約を延長

  2. 東京発 〓 ロイヤル・オペラ、日本ツアーの詳細決まる

  3. パリ発 〓 パリ国立オペラのコンサート・マスターにペッテリ・イーヴォネン

  4. [ 新作オペラFLASH 2018 ]バイロイト音楽祭 〓 ローエングリン

  5. ボン・ベートーヴェン・フェスティバル 〓 2018年の音楽祭が終了、来年のテーマは「月光」

  6. ロンドン発 〓 エサ=ペッカ・サロネンがフィルハーモニア管を退任、2021年で

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。