ロンドン発 〓 ラトルが隠れた名作をディナー・パーティーでゲット!?

2018/10/01

今年92歳になる女流作曲家の作品がふとしたきっかけで、ロンドン交響楽団の演奏会で取り上げられ、英国初演されることになった。その作曲家はベッツィ・ジョラス(Betsy Jolas)。きっかけは、ディナー・パーティで指揮者のサイモン・ラトルと隣り合わせになったこと。英国での報道によると、彼女が健在で作曲活動を続けていることを知ったラトルは、帰宅後にYouTubeで彼女の作品をいくつも聴いて感動、演奏会で取り上げることにしたという。

ジョラスはパリ生まれで、少女期を米国で過ごした後、フランスに帰国。パリ高等音楽院でダリウス・ミヨー、オリヴィエ・メシアンの下で作曲を学び、1953年のブザンソン国際作曲コンクールで優勝。その後は母校の教壇に立ち、1978年には作曲クラスの教授に就任。そのかたわら、イェール大学、ハーバード大学、バークレー音楽院などでも教鞭を執った経験を持つ。

来年2月にバービカン・センターで行う演奏会で取り上げられるのは、約13分の「リトル・サマー」組曲。ロンドン交響楽団は昨シーズンからラトルを音楽監督に迎えて新しい企画を連発中で、見逃されてきた作品や未発見の作曲家に光を当てる、というテーマも掲げている。63歳のラトルにとってジョラスは母親の世代だが、その作品を取り上げることで好スタートを切ることができそうだ。

写真:inaconcert.com / Fondation-Prince-Pierre


    Click here for details ▷











関連記事

  1. アムステルダム発 〓 ロイヤル・コンセルトヘボウ管が米国ツアーの指揮者にハーディングを起用

  2. ウィーン発 〓 ウィーン・フィルが「オーケストラ・アカデミー」

  3. ヒューストン発 〓 ヒューストン・グランド・オペラが首席客演指揮者にキム・ウンソン

  4. ウィーン発 〓 ウィーン国立歌劇場管のコンサートマスターにフョードル・ルディン

  5. ドレスデン発 〓 ドレスデン・シュターツカペレ、2018/2019シーズン概要を発表

  6. ベルリン発 〓 ベルリン・ドイツ響の新しいコンサート・マスターにマリーナ・グローマン

  7. 武生国際音楽祭 〓 音楽監督の細川俊夫が「国際交流基金賞」を受賞

  8. ワルシャワ発 〓 もう一つの「ショパン・コンクール」創設

  9. ウィーン発 〓 ビリャソンが手術で休養

  10. ヴェルディ・フェスティバル 〓 2019年は4作品を上演

  11. 上海発 〓 第2回「上海アイザック・スターン国際ヴァイオリン・コンクール」閉幕

  12. ナポリ発 〓 メータが指揮台に復帰

  13. ミュンヘン発 〓 永田音響設計が「ガスタイク」の音響設計を担当

  14. バイロイト音楽祭 〓 2019年の《タンホイザー》でゲルギエフが音楽祭デビュー

  15. アムステルダム発 〓 コンセルトヘボウ管が独自のユース・オーケストラ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。