ブレゲンツ音楽祭 〓 2021年、2022年はホモキ演出の《蝶々夫人》

2018/07/31

オーストリア・ブレゲンツ音楽祭が7月18日に開幕した。オープニング・コンサートはアレクサンダー・ファン・デア・ベレン大統領が臨席し、ヨハネス・エラトの演出によるベルトルト・ゴルトシュミット(1903-1996)のオペラ《ベアトリーチェ・チェンチ》が上演された。ローマ貴族フランチェスコ・チェンチ娘を描いたオペラは1949年の作品で、演奏はヨハンネス・デブス指揮のウィーン交響楽団。一方、ボーデン湖上に特設される舞台を使ったオペラの上演は19日からスタート。2年に1度のペースで新作が上演されているが、今年は昨年に引き続いて、ビゼー《カルメン》。期間中、29公演が行われる。来年と再来年はフィリップ・シュテルツルの新演出によるヴェルディ《リゴレット》。また、その後の2021年、2022年はアンドレアス・ホモキの新演出によるプッチーニ《蝶々夫人》と発表された。

写真:Bregenzer Festspiele


    音楽祭のサイトへ ▷


関連記事

  1. ブダペスト発 〓 ハンガリー国立歌劇場が初の米国ツアー

  2. ベルリン発 〓 演出家のバリー・コスキーが契約延長せず

  3. 大阪発 〓 大阪フィルを指揮して、デュトワが日本の音楽シーンに復帰

  4. ロンドン発 〓 トーマス・アレンがオペラから引退

  5. カルガリー発 〓 第9回「ホーネンス国際ピアノコンクール」が終了

  6. 訃報 〓 ロシアの作曲家、指揮者、ヴィアチェスラフ・オフチニコフ

  7. チューリヒ発 〓 チューリヒ歌劇場が2018/2019シーズンのスケジュールを発表

  8. ブレゲンツ音楽祭 〓 公演DVD発売:2017 – 2018年の《カルメン》

  9. ワルシャワ発 〓 新しい“ショパン・コンクール”終了

  10. ウィーン発 〓 ジョン・ウィリアムズがウィーン・フィルとのコンサートをキャンセル

  11. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立歌劇場、音楽総監督にユロフスキ

  12. アムステルダム発 〓 ガッティがロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団と和解

  13. ニューヨーク発 〓 ワーナー・クラシックスが世界初のベルリオーズ作品全集

  14. ブリュッセル発 〓 エリザベート王妃国際音楽コンクールのバイオリン部門はステラ・チェンが優勝

  15. パリ発 〓 「ロン=ティボー=クレスパン国際コンクール」のヴァイオリン部門は、ウクライナのディアナ・ティシュチェンコが優勝

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。