バーミンガム発 〓 ミルガ・グラジニーテ=ティーラが契約を延長

2018/06/02

指揮者のミルガ・グラジニーテ=ティーラが、バーミンガム市交響楽団との契約を延長した。彼女は2016年からアンドリス・ネルソンスの後任として音楽監督を務めており、新しい契約で2021年まで任期が伸びる。グラジニーテ=ティーラは1986年生、リトアニアのヴィリニュスの生まれ。グラーツ、チューリヒなどで学び、2012年に「ネスレ – ザルツブルク音楽祭ヤング・コンダクターズ・アワード」を受賞。その後、ベルン歌劇場の楽長、ザルツブルク州立劇場の音楽監督、ロサンジェルス・フィルハーモニックのアシスタント指揮者を務めていた。

写真:City of Birmingham Symphony Orchestra / Benjamin Ealovega

関連記事

  1. グラインドボーン音楽祭 〓 2019年のスケジュールを発表

  2. マグデブルク発 〓 マグデブルク劇場の次期音楽総監督にアンナ・スクリレーワ

  3. ヘルシンボリ発 〓 飛行機で来演するアーティストと共演しない宣言

  4. グラーツ発 〓 オクサーナ・リーニフが劇場との契約を延長せず

  5. パリ発 〓 サウジアラビアの国立オペラ創設をフランスが支援

  6. バルセロナ発 〓 バルセロナ交響楽団、2018/2019シーズンのコンサート・スケジュールを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。