フィラデルフィア発 〓 フィラデルフィア管弦楽団が2019/2020シーズンの公演ラインナップを発表

2019/03/06

フィラデルフィア管弦楽団が2019/2020シーズンの公演ラインナップを発表した。音楽監督を務め、今シーズンからはメトロポリタン歌劇場の音楽監督も兼任するヤニック・ネゼ=セガン(Yannick Nézet-Séguin)にとって8年目のシーズンとなる。女流指揮者が6人客演することに加え、12人の女性作曲家の作品を採り上げるなど、大胆に“女性”を前面に打ち出した切り口が話題を集めている。

起用される指揮者6人は、マリン・オールソップ、カリーナ・カネラキス、ジェーン・グローヴァー、ミルガ・グラジニーテ=ティーラ、スザンナ・マルッキ、ナタリー・シュトゥッツマン。一方、作曲家の顔ぶれは、「今年の作曲家」でシーズン中に新作を初演するガブリエラ・レーナ・フランクをはじめとする以下のメンバー。レーラ・アウエルバッハ、リリ・ブーランジェ、アンナ・クライン、ゾーシャ・ディ・カストリ、ルイーズ・ファランク、エレーナ・フィルソヴァ、ガブリエラ・レーナ・フランク、ヴィヴィアン・ファン、ジェシカ・ハント、ベッツィ・ジョラス、ラミンタ・シャルクシュニーテ、ヴァレリー・コールマン。コールマンも世界初演が控える。

生誕250年を迎えるベートーヴェンについては、ネゼ=セガン自らが交響曲全9曲を3月から4月にかけて集中的に指揮する。ヴァイオリン協奏曲に起用されるのは、ギル・シャハム。5曲のピアノ協奏曲は、イェフィム・ブロンフマン、ダニール・トリフォノフ、エマニュエル・アックスが担当する。また、5月に米中国交正常化40周年を記念して、中国ツアーを行うのも話題。フィラデルフィア管弦楽団は1973年、米国のオーケストラとして初めて中国ツアーを行った歴史を持つ。

写真:Philadelphia Orchestra / Pete Checchia



    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ニューヨーク 〓 メトロポリタン歌劇場「ナショナル・カウンシル・オーディション」で5人に栄誉

  2. 訃報 〓 パウル・バドゥラ=スコダ, オーストリアのピアニスト

  3. アムステルダム発 〓 ミヒャエル・ザンデルリングが代役でロイヤル・コンセルトヘボウ管にデビュー

  4. ウィーン発 〓 ウィーン国立歌劇場管のコンサートマスターにフョードル・ルディン

  5. ブラティスラヴァ発 〓 スロヴァキア国立劇場の音楽監督が交代

  6. バルセロナ発 〓 バルセロナ交響楽団、2018/2019シーズンのコンサート・スケジュールを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。