ベルリン発 〓 ベルリン・フィルがバレンボイムに名誉指揮者の称号

2019/06/07

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(Berliner Philharmoniker)が指揮者のダニエル・バレンボイム(Daniel Barenboim)にデビュー50周年を記念して名誉指揮者の称号を贈った。バレンボイムは1964年、新たにオープンした「フィルハーモニー」で最初に演奏されるピアノ協奏曲のピアニストに起用されてベルリン・フィルと初めて共演。その後、1969年6月には指揮者としてもデビューし、ハイドンの交響曲第95番、クリフォード・カーゾンを迎えたベートーベンのピアノ協奏曲第4番、シューマンの交響曲第4番を指揮している。

写真:Berliner Philharmoniker


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ハンブルク発 〓 アンネ・ソフィー・フォン・オッターが「#MeToo運動」に異議

  2. ブラティスラヴァ発 〓 スロヴァキア国立劇場の音楽監督が交代

  3. ミュンヘン発 〓 永田音響設計が「ガスタイク」の音響設計を担当

  4. リガ発 〓 「オペラ・ヴィジョン」がラトビア国立歌劇場の《さまよえるオランダ人》を配信

  5. バーミンガム発 〓 山田一樹がバーミンガム市交響楽団の首席客員指揮者に

  6. トリノ発 〓 テアトロ・レッジョのトップ3が相次いで辞任

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。