バルセロナ発 〓 カタリーナ・ワーグナーがリセウ劇場《ローエングリン》を演出

2018/08/27

バイロイト音楽祭の総監督カタリーナ・ワーグナー(1978-)が2020年、リセウ劇場でワーグナー《ローエングリン》の演出を手掛けることになった。ジョセップ・ポンスの指揮の下、クラウス・フロリアン・フォークトのローエングリン、エリン・ウォールのエルザ、エヴェリン・ヘルリツィウスのオルトルート、ギュンター・グロイスベックのハインリッヒという歌手陣で、ライプツィヒ歌劇場との共同制作。

カタリーナは作曲家リヒャルト・ワーグナーの孫で、戦後長く音楽祭の総監督を務めたヴォルフガング(1919-2010)の末娘。ヴォルフガング亡き後、2008年からヴォルフガングの前妻の娘エーファ・ワーグナー=パスキエの二人が音楽祭を共同で運営する体制が組まれたが、2015年からはカタリーナが一人で切り盛りしている。ベルリン自由大学で演劇学を学び、ベルリン国立歌劇場で研修。以後、いくつかのオペラハウスで演出を手掛けてきた。

写真:Bayreuther Festspiele

    詳しくはこちら ▷


関連記事

  1. エディンバラ国際芸術祭 〓 リネハン総監督との契約を2022年まで延長

  2. ウィーン発 〓 ヤンソンスがウィーン・フィルハーモニーの名誉団員に

  3. フランクフルト発 〓 フランクフルト歌劇場が2019/2020シーズンの公演ラインナップを発表

  4. ロンドン発 〓 ラトル&ロンドン交響楽団が若い音楽家のための無料アカデミーを創設

  5. ヴェルビエ音楽祭 〓 2019年の音楽祭のプログラムを発表

  6. ザルツブルク音楽祭 〓 2019年から「キューネ財団」が最大のスポンサーに

  7. ドレスデン発 〓 ドレスデン・シュターツカペレ、2018/2019シーズン概要を発表

  8. ロンドン発 〓 エサ=ペッカ・サロネンがフィルハーモニア管を退任、2021年で

  9. ダラス発 〓 ダラス・オペラが2019/2020シーズンのラインナップを発表

  10. ブダペスト発 〓 ハンガリー国立歌劇場が初の米国ツアー

  11. [ 新作オペラFLASH 2018 ]ザルツブルク音楽祭 〓 ポッペアの戴冠

  12. マンチェスター発 〓 英国にハレ管弦楽団による新しい指挥者コンクール

  13. ローマ発 〓 アルゲリッチにイタリア共和国功労勲章

  14. ベルリン発 〓 アルテミス・カルテットが存続の危機?

  15. マドリード発 〓 テアトロ・レアルが2018/2019シーズンのラインナップ発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。