バルセロナ発 〓 カタリーナ・ワーグナーがリセウ劇場《ローエングリン》を演出

2018/08/27

バイロイト音楽祭の総監督カタリーナ・ワーグナー(1978-)が2020年、リセウ劇場でワーグナー《ローエングリン》の演出を手掛けることになった。ジョセップ・ポンスの指揮の下、クラウス・フロリアン・フォークトのローエングリン、エリン・ウォールのエルザ、エヴェリン・ヘルリツィウスのオルトルート、ギュンター・グロイスベックのハインリッヒという歌手陣で、ライプツィヒ歌劇場との共同制作。

カタリーナは作曲家リヒャルト・ワーグナーの孫で、戦後長く音楽祭の総監督を務めたヴォルフガング(1919-2010)の末娘。ヴォルフガング亡き後、2008年からヴォルフガングの前妻の娘エーファ・ワーグナー=パスキエの二人が音楽祭を共同で運営する体制が組まれたが、2015年からはカタリーナが一人で切り盛りしている。ベルリン自由大学で演劇学を学び、ベルリン国立歌劇場で研修。以後、いくつかのオペラハウスで演出を手掛けてきた。

写真:Bayreuther Festspiele

    詳しくはこちら ▷


関連記事

  1. ハンブルク発 〓 ハンブルグ交響楽団がアルゲリッチ迎えて「6月音楽祭」を創設

  2. ヌスドルフ発 〓 作曲家ワーグナーの最後の孫が死去

  3. ロサンゼルス発 〓 ギレンホール主演でバーンスタインの生涯を映画化

  4. ヘルシンキ発 〓 フィンランド放送響がマーラーの交響曲全曲演奏をストリーミング配信

  5. シドニー発 〓 オペラハウスに映し出された広告が物議

  6. ニューヨーク 〓 メトロポリタン歌劇場「ナショナル・カウンシル・オーディション」で5人に栄誉

  7. 訃報 〓 レイヴン・ウィルキンソン、米国のバレリーナ

  8. アムステルダム発 〓 ロイヤル・コンセルトヘボウ管が2019/2020シーズンの公演スケジュールを発表

  9. フランクフルト発 〓 フランクフルト歌劇場が2019/2020シーズンの公演ラインナップを発表

  10. ベルリン発 〓 ベルリン州立歌劇場、2018/2019シーズンのラインナップを発表

  11. タングルウッド音楽祭 〓 2019年の音楽祭のスケジュールを発表

  12. ミュンヘン発 〓 グルベローヴァがバイエルン州立歌劇場に別れ

  13. エルル・チロル音楽祭 〓 グスタフ・クーンの後任の芸術監督決まる

  14. ボローニャ発 〓 ダニエレ・ガッティがモーツァルト管弦楽団の音楽監督に

  15. デトロイト発 〓 スラトキンがバイパス手術で4月、5月の公演をキャンセル

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。