ドレスデン発 〓 ドミンゴがザクセン州立歌劇場にデビュー

2019/06/07

プラシド・ドミンゴ(Plácido Domingo)が5日、ザクセン州立歌劇場(Semperoper)にデビューした。出演したのは、ダーヴィッド・ベッシュが新演出を手掛けたヴェルディの《ナブッコ》。指揮はオメール・メイア・ヴェルバーで、ドミンゴはバリトン歌手が歌うナブッコ役を歌った。ただ、調子を崩して第1幕で降板。代役が歌うという冴えないデビューになった。ドミンゴは9日、15日にも出演が予定されている。

写真:Semperoper Dresden / Daniel Koch


関連記事

  1. ケルン発 〓 ギュルツェニヒ管弦楽団が音楽監督フランソワ=グザヴィエ・ロトとの契約を延長

  2. ヘルシンキ発 〓 国立歌劇場の首席指揮者にハンヌ・リントゥ

  3. ウィーン発 〓 ヤンソンスがウィーン・フィルハーモニーの名誉団員に

  4. ベルリン発 〓 ベルリン州立歌劇場が2019/2020シーズンの公演ラインナップを発表

  5. ウィーン発 〓 ウィーン・フィルの第2バイオリンの首席奏者クリストフ・コンツが指揮活動

  6. オスロ発 〓 ロストロポーヴィチのチェロはトルレイフ・テデーンに

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。