アムステルダム発 〓 ボストン響がコンサートに遅刻、曲目も変更

2018/09/21
【最終更新日】2018/09/22

ボストン交響楽団のヨーロッパ・ツアーで17日、パリからアムステルダムにメンバー110人が移動できなくなるというハプニングが起きた。原因は午前11時に離陸するはずだったチャーター便の故障。パリからアムステルダムは高速鉄道、バスで5時間弱だが、バスによる長時間の移動は音楽家の組合との協定で認められていない。それを受けてオーケストラ側は取り急ぎ、新たに76人乗りのチャーター便を押さえたが、同時に空港の混雑で離陸が17時30分にしか許されず、アムステルダム到着が19時になることが判明した。

しかも、76人では当初予定されたショスタコーヴィチの交響曲第4番を演奏するには人数が足りないため、演奏する曲をベートーヴェンの交響曲第7番に変更。オーケストラ側が楽譜をPDFファイルでダウンロードし、そのデータを送ってコンセルトヘボウに出力してもらったという。コンセルトヘボウ側もコンサートの開始時間を20時15分から21時に変更してメンバーの到着を待つことになった。

結局、アムステルダムには予定通り到着、そこからオーケストラはバスで会場に急ぎ、リハーサルなしで演奏に臨んだ。ボストン交響楽団がベートーベンの交響曲を演奏するのは2年ぶりだったが、その演奏には惜しみない拍手が送られ、オーケストラのメンバーも感動したという。今回のヨーロッパ・ツアーは9月2日のロンドンからスタート。ウィーン、ルツェルン、パリ、ハンブルク、ベルリン、ライプチヒで公演を重ね、17日のアムステルダムが最終日だった。

写真:Boston Symphony Orchestra / Marco Borggreve


関連記事

  1. インスブルック古楽音楽祭 〓 2019年はオペラ3作品を上演

  2. ミュンヘン発 〓 ヨナス・カウフマンが結婚式

  3. ベルリン発 〓 第1回「オーパス・クラシック賞」決まる

  4. バイロイト音楽祭 〓 来年の《ローエングリン》でネトレプコが音楽祭デビュー

  5. ミラノ発 〓 スカラ座総裁にウィーン国立歌劇場総裁のドミニク・マイヤー

  6. 上海発 〓 イスラエル・フィルの中国公演がキャンセル

  7. バルセロナ発 〓 リセウ劇場が2018/2019シーズンのラインアップを発表

  8. トリノ発 〓 ジェームズ・コンロンにイタリア共和国功労勲章「コンメンダトーレ」

  9. 東京発 〓 新国立劇場が2019/2020シーズンの公演ラインナップを発表

  10. ベルリン発 〓 ベルリン・ドイツ・オペラが2019/2020シーズンの公演ラインナップを発表した。

  11. バーゼル発 〓 バーゼル劇場の音楽監督にクリスティーナ・ポスカ

  12. ハーグ発 〓 レジデンティ管弦楽団の次期首席指揮者にアーニャ・ビールマイアー

  13. シカゴ発 〓 リリック・オペラのストライキが収束へ

  14. アムステルダム発 〓 コンセルトヘボウ管が独自のユース・オーケストラ

  15. ジェノヴァ発 〓 ダニエラ・デッシー通り制定へ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。