ヘルシンキ発 〓 国立歌劇場の首席指揮者にハンヌ・リントゥ

2019/05/10
【最終更新日】2021/04/30

フィンランド国立オペラの首席指揮者にフィンランド出身のハンヌ・リントゥ(Hannu Lintu)が起用されることになった。任期は2022年の1月から。国立オペラの首席指揮者はドイツ生まれのミヒャエル・ギュットラー(Michael Güttler)の契約が2016年に更新されずに終わった後、空席になっている。

リントゥは2013年からフィンランド放送交響楽団の首席指揮者を務め、2021/2022シーズンで退任することになっている。トゥルク・ポリ州のラウマ生まれの51歳。

トゥルク音楽院とヘルシンキのシベリウス音楽院でチェロとピアノを学んだ後、指揮をアッツォ・アルミラ、ヨルマ・パヌラ、エリ・クラス、イリヤ・ムーシンに師事。在学中の1994年にベルゲンのノルディック指揮者コンクールで優勝している。

写真:Finnish Radio Symphony Orchestra


関連記事

  1. ポズナン発 〓 スタニスワフ・モニューシュコ大劇場の音楽監督にイタリアのマルコ・グィダリーニ

  2. 東京発 〓 ドミンゴが東京五輪イベントへの出演を辞退

  3. ヴェッセルビューレン発 〓 五嶋みどりに「ブラームス賞」

  4. コンスタンツ発 〓 南西ドイツ・フィルハーモニー管が新しい“シェフ”探し

  5. 訃報 〓 イヴァン・モズゴヴェンコ, ロシアのクラリネット奏者

  6. ブリュッセル発 〓 モネ劇場が新しい公演スケジュールを発表

  7. 訃報 〓 クリスティアーヌ・エダ=ピエール, フランスのソプラノ歌手

  8. ライプチヒ発 〓 ライプチヒ歌劇場が2022年にワーグナー音楽祭、13の歌劇と楽劇を集中上演

  9. 横浜発 〓 神奈川フィルが創立50周年

  10. ワシントン発 〓 ケネディー・センターがナショナル響の楽団員をレイオフ

  11. ブリュッセル発 〓 NHK交響楽団のヨーロッパ・ツアーが終了

  12. ロンドン発 〓 指揮者のラトルが新型コロナに感染、ロンドン響の指揮をキャンセル

  13. ウィーン発 〓 国立歌劇場のストリーミング配信が新しいラインナップ

  14. ウィーン発 〓 国立歌劇場が4月第2週のストリーミング・ラインナップを発表

  15. ワシントン発 〓 ケネディー・センターが人気ミュージカル「ハミルトン」の上演を断念

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。