トリノ発 〓 アンドレス・オロスコ=エストラーダがRAI国立交響楽団の首席指揮者に

2023/05/29

イタリアのRAI国立交響楽団(Orchestra Sinfonica Nazionale della RAI)が次期首席指揮者にアンドレス・オロスコ=エストラーダ(Andrés Orozco-Estrada)を迎えると発表した。2016年からその任にあるジェームズ・コンロンの後任で、任期は2023年10月から3年間。

RAI国立交響楽団はイタリア国営放送RAI(ライ)傘下のオーケストラ。前身は1931年の設立。RAIは1994年になってローマ、ミラノ、トリノ、ナポリにあった傘下のオーケストラを統合し、現在はトリノを本拠地にしている。

オロスコ=エストラーダはコロンビア第二の都市で西部の中心地メデジン生まれの46歳。ウィーン国立音楽大学で学んだ後、ウィーン・トーンキュンストラー管弦楽団(2009 – 2015)、フランクフルト放送交響楽団の首席指揮者(2014 – 2021)を歴任した。

また、2015年からヒューストン交響楽団の音楽監督を務めているが、昨年4月に就任一年あまりでウィーン交響楽団の首席指揮者を突然辞任して話題を呼んだ。2025年から、ドイツ・ケルン市の新しい音楽総監督に就任、ギュルツェニヒ管弦楽団とケルン市立オペラの音楽監督を務めることが決まっている。

写真:BBCProms / Wiener Philharmoniker / Chris Christodoulou


  もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場がラインナップ発表、“Nightly Met Opera Streams”の第53週

  2. ボルツァーノ発 〓 第63回「フェルッチョ・ブゾーニ国際ピアノ・コンクール」の第1位は韓国のパク・ジェホン

  3. ケルン発 〓 ケント・ナガノがコンチェルト・ケルンと《リング》四部作上演に挑戦

  4. 訃報 〓 大町陽一郎(90)日本の指揮者

  5. ロッテルダム発 〓 フィンランドの若手指揮者タルモ・ペルトコスキがロッテルダム・フィルの常任客演指揮者に

  6. 静岡発 〓 プロ・オーケストラ「富士山静岡交響楽団」が発足、静岡交響楽団と浜松フィルの合併で

  7. パレルモ発 〓 マッシモ劇場が新制作の《エルナーニ》をライブ・ストリーミング

  8. ローマ発 〓 ローマ歌劇場がストリーミング配信のラインナップを発表

  9. ベルリン発 〓 ドイツ・オーケストラ界の“冬の時代”は終了?

  10. ウィーン発 〓 オーストリア音楽劇場賞の受賞式が市庁舎で

  11. ベルリン発 〓 劇場とホールの閉鎖は4月中旬まで

  12. バルセロナ発 〓 指揮者のジョセップ・ポンスがリセウ大劇場との契約を延長

  13. 訃報 〓 ジョーゼフ・カリクシュタイン(75)イスラエルのピアニスト

  14. ベルゲン発 〓 第17回「グリーグ国際ピアノ・コンクール」で石井楓子が第1位に

  15. バイロイト発 〓 ソプラノのクリスティーン・ゴーキーがバイロイト音楽祭デビューを辞退

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。