ウィーン発 〓 ウィーン・フィルがティーレマンの指揮でブルックナーの交響曲全曲演奏

2019/01/18

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(Vienna Philharmonic Orchestra)が新たに、クリスティアン・ティーレマンの指揮によるブルックナーの交響曲全曲演奏をスタートさせると発表した。2019年からブルックナーの生誕200年に当たる2024年に掛けて、5年掛けて行われる。いずれも会場がヨーロッパの教会、というのが特徴。初回の演奏会は5月2日、ベルリン大聖堂で行われ、第2番が演奏される。演奏する交響曲に関連した現代の作品を入れて、プログラムが編成されるという。

写真:Vienna Philharmoniker


関連記事

  1. アムステルダム発 〓 ロイヤル・コンセルトヘボウ管の代役続々

  2. ニューヨーク発 〓 ニューヨーク・フィルハーモニックが「不正行為」を理由に楽団員二人を解雇

  3. リューベック発 〓 リューベック歌劇場の音楽総監督にシュテファン・ヴラダー

  4. 山形発 〓 阪哲朗が山形交響楽団の常任指揮者に

  5. ベルリン発 〓 コーミッシェ・オーパーが2018/2019シーズンのラインナップを発表

  6. シカゴ発 〓 シカゴ交響楽団の楽団員がストライキに突入

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。