パリ発 〓 デュトワの復帰、波高し

2019/02/02

ラジオ・フランスの報道によると、エマニュエル・クリヴィヌの代役にシャルル・デュトワ(Charles Dutoit)を起用したことについて、フランス国立管弦楽団(Orchestre national de France)の事務局がオーケストラのメンバーに賛否を問うたところ、83人による投票で反対が6割を占めたという。デュトワを招くという決定が投票によって覆ることはないが、セクハラ疑惑が浮上したデュトワに対する反発がいまなお強いことが浮き彫りになった。

デュトワが指揮することになったのは、ベルリオーズの《ファウストの劫罰》を取り上げる2月3日のコンサート。フランスのオーケストラがフィルハーモニー・ド・パリで行う作曲家の生誕150周年記念行事の中心に位置付けられた公演で、セクハラ疑惑で指揮活動から遠ざかっていたデュトワにとってはフランス音楽界への復帰を意味した。事務局によると、代役を探しは困難を極め、スケジュールが取れても、曲目が曲目ということもあって15人以上の指揮者に断れたという。そのため、1991年から2001年までオーケストラの音楽監督を務め、作品について熟知しているデュトワの起用に落ち着いたという。

デュトワの起用については、セクハラ被害を訴えた8人の女性のうちの一人、フランス人の元ソプラノ歌手アン・ソフィー・シュミット(Anne-Sophie Schmidt)がその一報を聞いてすぐ「世界各地のアーティスト8人が勇気を出してデュトワ氏のセクハラを告発している中、同氏が起用されたことを非常に不快に感じる」という声明を出している。

写真:Priska Ketterer


関連記事

  1. マグデブルク発 〓 マグデブルク劇場の次期音楽総監督にアンナ・スクリレーワ

  2. ミュンヘン発 〓 ミュンヘン国際音楽コンクールのチェロ部門で佐藤晴真が優勝

  3. ベルリン発 〓 メータ、ベルリン・フィルの名誉会員に

  4. トロント発 〓 ピエチョンカが王立音楽院の声楽部門トップに

  5. アムステルダム発 〓 ミヒャエル・ザンデルリングが代役でロイヤル・コンセルトヘボウ管にデビュー

  6. ウィーン発 〓 アルゲリッチがコンツェルトハウスの名誉会員に

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。