横浜発 〓 神奈川県立音楽堂がリニューアル・オープン

2019/04/29

神奈川県立音楽堂(Kanagawa Prefectural Music Hall)の改修工事が終わり、6月1日にリニューアル・オープンことになった。横浜・桜木町から紅葉坂を登り切ったところにある県立音楽堂は1954年、公立施設としては日本初の本格的な音楽専用ホールとして開館。ロンドンのロイヤル・フェスティバルホールをモデルに設計され、最高の音響効果をあげるようホールの壁面には木材が使われ、その響きは国際的に高い評価を受けている。また、建築そのものも前川國男設計による戦後モダニズム建築の傑作として注目を集め、1998年に建設省「公共建築百選」、1999年には「日本におけるモダン・ムーブメントの建築20選」に選ばれている。

リニューアル後の最初のシーズンとなる2019/20シーズンは、3つのシリーズを柱とする展開。アレクサンドル・デスプラによる室内オペラ《サイレンス》日本初演とヘンデルのオペラ《シッラ》舞台版世界初演を行う「音楽堂室内オペラ・プロジェクト」の他、名門オランダ・バッハ協会管弦楽団の来日公演などを中心とした「音楽堂ヴィルトゥオーゾ・シリーズ」、東京混声合唱団の音楽監督を務める山田和樹による「東混によるフリー・ジャズ」を軸にした「音楽堂アフタヌーン・コンサート」が注目を集める。

写真:Kanagawa Arts Foundation

    もっと詳しく ▷

関連記事

  1. ケルン発 〓 WDR交響楽団の次期首席指揮者にマチェラル

  2. アムステルダム発 〓 ホルンのケイティ・ウーリーがロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団の首席奏者に

  3. ベネチア発 〓 フェニーチェ劇場が2018/2019シーズンのスケジュールを発表

  4. [ 新作オペラFLASH 2018 ]ザルツブルク音楽祭 〓 魔笛

  5. ウィーン発 〓 ビリャソンが手術で休養

  6. フランクフルト発 〓 フランクフルト歌劇場が2018/2019シーズンのラインナップを発表

  7. ザルツブルク発 〓 ゲルギエフが《シモン・ボッカネグラ》を指揮して現場復帰

  8. 訃報 〓 コンセルトヘボウ管弦楽団の名コンサートマスター、ヘルマン・クレバース

  9. ロンドン発 〓 サントリーホールの30周年記念委嘱作品に音楽賞

  10. ヘルシンボリ発 〓 飛行機で来演するアーティストと共演しない宣言

  11. ロサンゼルス発 〓 首席オーボエ奏者のオルテガ=クエロが就任早々にロサンゼルス・フィルを退団

  12. ミュンヘン発 〓 イヴァン・レプシッチがミュンヘン放送管との契約を延長

  13. 訃報 〓 世界的なバス=バリトン、テオ・アダム

  14. ゲッティンゲン・ヘンデル音楽祭 〓 次期音楽監督にジョージ・ペトロウ

  15. マンチェスター発 〓 英国にハレ管弦楽団による新しい指挥者コンクール

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。