パリ発 〓 ナタリー・シュトゥッツマンが「レジオンドヌール勲章」を受章

2019/01/14

コントラルト歌手で指揮者のナタリー・シュトゥッツマン(Nathalie Stutzmann)が1日、母国フランスの「レジオンドヌール勲章=L’ordre national de la légion d’honneur」を受章した。「レジオン・ドヌール」は統領政府期にナポレオン・ボナパルトによって制定されたフランスの最高勲章で、シュトゥッツマンは5段階ある中の「シュヴァリエ=Chevalier」を授与された。

シュトゥッツマンは1965年、パリ郊外の田園都市シュレンヌの生まれ。ソプラノ歌手だった母親の薫陶を受け、ナンシーの音楽院卒業後、パリ国立オペラ付属学校などでミシェル・セネシャル、ハンス・ホッターに師事。1988年の「ベルテルスマン国際声楽コンクール」で優勝して、コントラルト歌手としての活動をスタートさせた。

2000年代後半から指揮活動を始め、名伯楽として知られるフィンランドのヨルマ・パヌラに師事。2009年には自ら古楽アンサンブル「オルフェオ55」を設立して活動を本格化させた。その後も小澤征爾やサイモン・ラトルの下で研鑽を積み、さまざまなオーケストラに客演。2017/2018シーズンからアイルランドのRTÉ国立交響楽団、2018/2019シーズンからノルウェーのクリスチャンサン交響楽団の首席指揮者を務めている。

写真:Simon Fowler


関連記事

  1. 大阪発 〓 大阪フィルを指揮して、デュトワが日本の音楽シーンに復帰

  2. ミネアポリス発 〓 オスモ・ヴァンスカがミネソタ管の音楽監督を退任

  3. 香港発 〓 イップ・ウィンシーが香港シンフォニエッタを卒業!?

  4. アムステルダム発 〓 ボストン響がコンサートに遅刻、曲目も変更

  5. ウィーン発 〓 国立歌劇場が2018/2019シーズンのラインナップを発表

  6. 浜松発 〓 第10回の国際ピアノ・コンクールはトルコのジャン・チャクムルが優勝

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。