バイロイト音楽祭 〓 来年2019年にアブダビと東京に引っ越し公演

2018/07/30
【最終更新日】2018/08/04

バイロイト音楽祭が来年2019年、2都市に引っ越し公演を行うことを発表した。訪問先はアブダビと東京。海外公演はアブダビが1月30日と2月1日、東京は3月(=「東京・春・音楽祭」への客演)。アブダビでは《ワルキューレ》、東京では《さまよえるオランダ人》を上演するという。今年の音楽祭は新演出の《ローエングリン》で開幕した。8月29日の《ワルキューレ》で幕を閉じる。《ローエングリン》は主人公ローエングリンに当初予定されたロベルト・アラーニャが降板、代役にピョートル・ベチャワが起用された。《ワルキューレ》は、あのプラシド・ドミンゴの指揮。ドミンゴが《ワルキューレ》を指揮するのは初めて。

写真:Bayreuthre Festspiele / Enrico Nawrath

音楽祭のサイトへ ▷

関連記事

  1. ザルツブルク音楽祭 〓 公演DVD発売:ティーレマン&フレミング

  2. ルートヴィヒスハーフェン・アム・ライン発 〓 ラインラント=プファルツ州立フィルが次期首席指揮者にマイケル・フランシス

  3. ミュンヘン発 〓 バイエルン放送交響楽団に新コンサートマスター

  4. ニューヨーク発 〓 訃報:ヴァイオリンのロバート・マン死去

  5. ヴェルディ・フェスティバル 〓 2019年は4作品を上演

  6. ゲッティンゲン・ヘンデル音楽祭 〓 次期音楽監督にジョージ・ペトロウ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。