エディンバラ国際フェスティバル 〓 2018年のプログラムを発表

2018/03/17
【最終更新日】2018/03/28

英国のエディンバラ国際フェスティバルが15日、2018のフェスティバルのプログラムを発表した。2018年は8月3日から27日の開催。オペラ、音楽のプログラムは今年も充実しているが、中でも、話題を集めるのが、《ベガーズ・オペラ=乞食オペラ》の上演。《ベガーズ・オペラ》はイングランドの劇作家ジョン・ゲイ(1685 – 1732)の1728年の作品で、ヨハン・クリストフ・ペープシュが曲を付けた作品。今回はパリのブッフ・デュ・ノール劇場のプロダクションが上演される。その他にも、マーク・エルダー&ハレ管弦楽団による《ジークフリード》、シュテファン・ヘアハイム演出のリヨン・オペラによる《チェネレントラ》、ローラン・ペリー演出のシャンゼリゼ劇場による《セビリアの理髪師》、アンドルー・デイヴィスとロイヤル・スコティッシュ管弦楽団による《ヘンゼルとグレーテル》がプログラムに並ぶ。客演オーケストラも、サイモン・ラトとロンドン交響楽団を筆頭に、ヴァシリー・ペトレンコとオスロ・フィルハーモニー管弦楽団、ミルガ・グラツィニテ=ティーラとバーミンガム市交響楽団、マリン・オールソップとボルティモア交響楽団、ダニエル・ハーディングとスウェーデン放送交響楽団など、こちらも多彩だ。出演アーティストも、クリスチャン・ツィメルマン、ヴィクトリア・ムローヴァ、ニコラ・ベネデッティ、ピエール=ローラン・エマール、ピョートル・アンデルジェフスキといった名前が並んでいる。

    音楽祭情報はこちら ▶

    音楽祭のサイトへ ▶

関連記事

  1. ブダペスト発 〓 復帰進むデュトワが《青ひげ公の城》を指揮

  2. フランクフルト発 〓 フランクフルト歌劇場が2018/2019シーズンのラインナップを発表

  3. ベルリン発 〓 バレンボイムがベルリン州立歌劇場との契約延長

  4. ダラス発 〓 ダラス・オペラが2019/2020シーズンのラインナップを発表

  5. ワシントン発 〓 作曲家フィリップ・グラスがケネディ・センター名誉賞を受賞

  6. タングルウッド音楽祭 〓 ボストン交響楽団がシャルル・デュトワに贈った「クーセヴィツキー賞」を取り消し

  7. ドレスデン発 〓 ザクセン州立歌劇場(ゼンパーオパー)、2018/2019シーズンのラインナップを発表

  8. インスブルック古楽音楽祭 〓 2019年はオペラ3作品を上演

  9. サンディエゴ発 〓 エド・デ・ワールトがサンディエゴ響の首席客演指揮者に

  10. ミラノ発 〓 スカラ座がサウジアラビアからの資金提供を拒否

  11. ロサンゼルス発 〓 ドミンゴが新しい役に挑戦

  12. ローマ発 〓 ダニエレ・ガッティがローマ歌劇場の音楽監督に

  13. ベルガモ発 〓 ドニゼッティ・オペラ・フェスティバルが公演ラインナップを発表

  14. バーデン=バーデン音楽祭 〓 バーデン=バーデン祝祭劇場、2018/2019シーズンのラインナップを発表

  15. ザルツブルク音楽祭 〓 公演DVD発売:ティーレマン&フレミング

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。