ロサンゼルス発 〓 ドミンゴが新しい役に挑戦

2019/01/30

ロサンゼルス・オペラの2019/2020シーズンのラインナップが発表され、その中で、テノールのプラシド・ドミンゴ(Plácido Domingo)が新しい役に挑戦することが明らかにされた。演じるのはドニゼッティ《ロベルト・デヴリュー》のノッテンガム公爵。主役のロベルト・デヴリューの友人役でバリトン歌手が歌う役。最近はバリトン歌手としての活動も増えているドミンゴにとって154番目の役になるという。ドミンゴはテノール歌手が歌うロベルト・デヴリューを、1970年にニューヨーク・シティ・オペラで初めて歌っている。公演は女王役に歌劇場デビューとなるダヴィニア・ロドリゲス、主役のロベルト・デヴリューにラモン・ヴァルガスという配役。新演出を手掛けるのはスティーヴン・ローレスで、指揮はやはりこの公演で歌劇場デビューする金恩宣(キム・ウンソン)。

写真:Kaori Suzuki / Los Angeles Opera


関連記事

  1. 武生国際音楽祭 〓 音楽監督の細川俊夫のオペラ《松風》が日本初演

  2. 訃報 〓 世界的ヴィオラ奏者のマイケル・トゥリーが死去

  3. ニューヨーク 〓 メトロポリタン歌劇場「ナショナル・カウンシル・オーディション」で5人に栄誉

  4. ガーシントン・オペラ 〓 2019年夏のラインナップを発表

  5. ルツェルン音楽祭 〓 2019年の夏の音楽祭の概要を発表

  6. セイジ・オザワ松本フェスティバル 〓 小澤征爾が指揮予定の3公演を降板

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。